ラーダ・グランタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーダ・グランタ
Lada Granta 2.JPG
フロント
Lada Granta сзади.jpg
リア
Lada Granta (2018 facelift) in Tomsk 01.jpg
後期型セダンフロント
概要
販売期間 2011年 - 現在
ボディ
ボディタイプ 4ドアセダン・5ドアハッチバックワゴン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン 直4 1.6L
変速機 5速MT
4速AT
5速AMT
車両寸法
ホイールベース 2,476mm
全長 4,260mm
全幅 1,700mm
全高 1,500mm
車両重量 1,115kg
系譜
先代 ラーダ・カリーナ
テンプレートを表示

ラーダ・グランタ (Lada Granta) はロシアの自動車メーカー、アフトヴァースラーダブランドで製造・販売している低価格の小型車である。

概要[編集]

開発コードVAZ-2190。ロシアで2011年12月22日から発売が開始された[1]。生産はトリヤッチ工場にて2011年11月29日から開始され[2]2012年7月25日からはイジェフスクのイズアフト (IzhAvto) でも行われている[3]

ボディタイプは現在は4ドアセダンのみとなる。グランタはカリーナのプラットフォームをベースに開発されたが、エンジンや前後サスペンションが改良されるなど、約400ものコンポーネントが専用に開発されて使用されている[1]

グランタにはStandard、Norm、Luxの3グレードが設定される(さらに同グレードでも装備の違いによる複数の仕様が存在する)。StandardとNormは「クラシック」シリーズやサマラの後継、Luxはカリーナセダンの後継となるべく開発された。

当初はStandardとNormから製造・販売が開始され、それぞれ229,000ルーブル~と256,000ルーブル~という価格設定がなされた[1]。いずれも直列4気筒 1.6L SOHC 8バルブエンジンと5速マニュアルトランスミッションの組み合わせとなるが、Standardには60kW (82ps) 版、Normには64kW (87ps) 版のエンジンが搭載される。

装備面ではStandardが運転席エアバッグ、三点式シートベルト、「ISOFIXチャイルドシート固定装置、昼間点灯ランプ、イモビライザーチャイルドセーフティロック英語版、フルサイズスペアタイヤなどを標準装備する。Normはこれに加えてトリップコンピューター英語版パワーステアリング、チルトステアリングコラム、フロントパワードアロック英語版、センターロッキング、フロントパワーウインドウ、パワートランクリッド、ボディ同色バンパーなども標準で装備する。また、Standardには13インチ鍛造ホイールが、Normには14インチアロイホイールがそれぞれ装着される。

2012年8月にはNormのエアコン付き仕様も登場した。これにはエアコンの他にABSBAS、デュアルエアバッグも装備される。これによりグランタは7種類存在することになり、希望小売価格も259,000~334,700ルーブルとなった[4]

8月にはまた、Normのオートマチックトランスミッション仕様車[5]と、ATが標準装備となるLuxの製造も開始された[6]。AT仕様車は1.6L SOHC 16バルブ 72kW (98ps) エンジンを搭載し、これにジヤトコ製4速ATが組み合わせられる。AT仕様車は30のコンポーネントが新規に採用された。なお、トランスミッションは将来の現地生産も検討中であるが、当面は日本からの輸入となる[5][7]。AT車は9月から発売を開始し、Normの推奨価格は373,200ルーブル~となる[8]

グランタは2012年9月以降ロシア市場において月販台数第一位となっており、2013年6月には17,005台を販売した[9]。なお、イズアフトでは2013年7月1日にグランタの累計生産台数が5万台を突破している[10]

2013年7月、アフトヴァースはドイツチェコにラーダ・グランタの最初の20台を輸出した。ヨーロッパ向けのグランタはユーロ5排ガス規制に準拠し、NormにもABSとBAS、ESPとデュアルエアバッグが標準装備される[11]。ロシアの経済紙ベドモスチ英語版はアナリストたちの見解を伝えており、それによると輸出台数は年5,000台まで増やせるかもしれないが、ヨーロッパへの輸出は経済的という以上に政治的な戦略であり、アフトヴァースは第一に自国市場での自社製品のイメージ形成のためにそれを必要としているとのことである[12]

尚、日産自動車がロシア国内のみにおいてダットサンブランドで販売する「on-DO」は同車をベース(実際はOEM)としている。

グランタスポーツ[編集]

2012年8月29日から開催されたモスクワ国際モーターショーにて、グランタスポーツが出展された[13][14]。 ラーダ・スポーツ社によってチューンされたこの車種は専用のグリル、バンパー、リアスポイラー、サイドスカート、アロイホイールを装着し、車高を下げた専用サスペンションとリアディスクブレーキが使用される。1.6Lエンジンは最高出力120hp、最大トルク160Nmに引き上げられ、これにクロスレシオMTが組み合わせられる。内装では布地/革張りのスポーツシートや赤糸の刺繍が施された革巻きステアリングホイールが装備される。グランタスポーツは2013年初めから販売を開始し、価格はおよそ40万ルーブルになると見込まれている。

後期型リフトバックフロント
Lada Granta (2018 facelift) in Tomsk 01.jpg
後期型セダンフロント

脚注[編集]

  1. ^ a b c Sales of Lada Granta starts in Russia”. Autostat (2011年12月23日). 2012年9月22日閲覧。
  2. ^ AutoVAZ started the serial production of Lada Granta”. Autostat (2011年12月23日). 2012年9月22日閲覧。
  3. ^ The production of LADA Granta started in Izhevsk yesterday”. Autostat (2012年7月26日). 2012年9月22日閲覧。
  4. ^ Lada Granta with an air conditioner will cost 334700 Roubles”. Autostat (2012年8月6日). 2012年9月22日閲覧。
  5. ^ a b AvtoVAZ will start to equip Lada Granta with automatic transmission in August”. Autostat (2012年6月19日). 2012年9月22日閲覧。
  6. ^ AvtoVAZ will start the assembly of "luxury" Lada Granta”. Autostat (2012年8月27日). 2012年9月19日閲覧。
  7. ^ Lada Granta with automatic transmission got 30 new parts and components”. Autostat (2012年8月12日). 2012年9月22日閲覧。
  8. ^ Lada Granta with automatic transmission will be on sale in September”. Autostat (2012年8月23日). 2012年9月19日閲覧。
  9. ^ Lada Granta set a new sales record in June”. Autostat (2013年7月10日). 2013年8月25日閲覧。
  10. ^ IzhAvto produced the 50,000th Lada Granta”. Autostat (2013年7月1日). 2013年8月25日閲覧。
  11. ^ AvtoVAZ has begun shipping of Lada Granta in Europe”. Autostat (2013年8月7日). 2013年8月10日閲覧。
  12. ^ AvtoVAZ sells low-cost Lada cars to Europe to test demand”. ロシア・トゥデイ (2013年8月7日). 2013年8月10日閲覧。
  13. ^ AvtoVAZ presented a sport car Lada Granta for 400 thousand Roubles”. Autostat (2012年9月4日). 2012年9月19日閲覧。
  14. ^ Enrique García (2012年9月1日). “Moscú 2012: Lada Granta Sport, 120 CV y un aspecto más atractivo” (スペイン語). Autoblog Spanish. 2012年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]