ランベルト・ダ・スポレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ランベルト・ダ・スポレートLamberto da Spoleto, 880年頃 - 898年10月15日)は、フランク・ローマ皇帝イタリア王、スポレート公(在位894-898)

グイード・ダ・スポレートとアジェルトゥルデとの息子。イタリア王であった父グイードは891年にステファヌス5世により神聖ローマ皇帝冠を授かった。同時にランベルトは教皇より父と共同のイタリア王として認められた。

同年ステファヌス5世が亡くなりフォルモススが教皇になった。892年フォルモススはグイードに強いられて、嫌々ながらもランベルトを父と共同の神聖ローマ皇帝として認めた。

一方で教皇は893年にケルンテンのアルヌルフに使者を送り、神聖ローマ皇帝位を条件に介入を求めた。アルヌルフは庶子ツヴェンティボルトに命じて、甥のフリウーリ辺境伯ベレンガーリオに協力させたが、上手くいかなかった。そのため894年アルヌルフは軍を率いてイタリア北部に入りそこでイタリア王と認められた。

894年に父グイードが死ぬと、ランベルトが後を継いだ。ランベルトはまだ幼かったため、母のアジェルトゥルデが摂政となった。アジェルトゥルデたちは教皇フォルモススに皇帝冠を公認してもらうためローマへ向かった。だが教皇はアルヌルフの戴冠を望んだため、サンタンジェロ城に監禁された。

896年アルヌルフにより教皇フォルモススは開放された。教皇はアルヌルフを神聖ローマ皇帝に戴冠させた。その後、スポレート侵攻の途中でアルヌルフは脳梗塞を患い、戦争は中止。アルヌルフはケルンテンに帰った。

896年4月に教皇フォルモススが死去すると、母アジェルトゥルデたちは新教皇としてステファヌス7世(6世)を擁立した。翌897年にステファヌス7世はすでに死去している前教皇フォルモススに対し裁判を行った。このときフォルモススの死体を掘り出して裁判に出席させ、有罪判決を受けた死体はテーヴェレ川に捨てられた。これは歴史上『死体裁判』として悪名が高い出来事である。

教皇ヨハネス9世は898年にアルヌルフの戴冠を無効と宣言し、ランベルトを支持したが、ランベルトは同年狩りをしていて突然の死を迎えることとなった。

先代:
ベレンガーリオ・デル・フリウーリ
及びグイード・ダ・スポレート
(王位係争)
イタリア王
891年 - 898年
(ベレンガーリオ・デル・フリウーリとアルヌルフと係争)
次代:
ベレンガーリオ・デル・フリウーリ
ケルンテンのアルヌルフ
(王位係争)
先代:
グイード3世
スポレート公
894年 - 898年
次代:
グイード4世・ディ・スポレート