ランブリン・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランブリン・マン
オールマン・ブラザーズ・バンドシングル
初出アルバム『ブラザーズ&シスターズ
B面 ポニー・ボーイ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 メイコン、カプリコーン・サウンド・スタジオ(1972年10月
ジャンル カントリーロックサザン・ロック
時間
レーベル カプリコーン・レコード
作詞・作曲 ディッキー・ベッツ
プロデュース ジョニー・サンドリン
オールマン・ブラザーズ・バンド
チャート最高順位
オールマン・ブラザーズ・バンド シングル 年表
ワン・ウェイ・アウト
b/w
スタンド・バック
(1972年11月)
ランブリン・マン
b/w
ポニー・ボーイ
(1973年8月)
ジェシカ
b/w
カム・アンド・ゴー・ブルース
(1973年12月)
テンプレートを表示

ランブリン・マン」(Ramblin' Man)は、オールマン・ブラザーズ・バンド1973年に発表したカントリーロックの楽曲。グループの代表曲の一つである。

概要[編集]

1973年8月1日発売のアルバム『ブラザーズ&シスターズ』に本作品は収録された[2]。作詞・作曲はディッキー・ベッツハンク・ウィリアムズの同名の曲に触発されて書かれた[3]。リード・ボーカルもベッツが担当した。

アルバムはビルボードのアルバム・チャートで1位を記録し[4]、8月にシングルカットされた「ランブリン・マン」は10月13日付のビルボード・Hot 100で2位を記録した[5]。また、キャッシュボックス Top 100では1位を獲得した。

本作品はデュアン・オールマンが存命中の1971年4月に行われたジャム・セッションですでに演奏されている(ブートレッグ『The Gatlinburg Tapes』で聴くことができる)[6]。ブッチ・トラックスによれば、バンドのメンバーはみな優れた歌であることに気づいていたが、当時の彼らにはカントリー色が強すぎたためレコードにするのをためらったという[7]

レコーディングはギタリストのレス・デューデックを迎え、1972年10月に行われた。ベリー・オークリーは同年11月11日にオートバイ事故によりこの世を去った。

パーソネル[編集]

  • ディッキー・ベッツ - リード・ギター、リード・ボーカル
  • レス・デューデック - リード・ギター
  • グレッグ・オールマン - オルガン、バッキング・ボーカル
  • チャック・リーヴェル - ピアノ、バッキング・ボーカル
  • ベリー・オークリー - ベース
  • ブッチ・トラックス - ドラムス、パーカッション
  • ジェイモー - ドラムス、コンガ

脚注[編集]

  1. ^ 45cat - The Allman Brothers Band - Ramblin Man / Pony Boy - Capricorn - USA - CPR 0027
  2. ^ スコット・フリーマン; 菅野彰子訳 『オールマン・ブラザーズ・バンド』 音楽之友社1997年5月10日、176頁。ISBN 4-276-23498-0 
  3. ^ Myers, Marc (2014年2月13日). “How the Allman Brothers' "Ramblin' Man" Was Born”. The Wall Street Journal. Dow Jones & Company, Inc. 2016年2月6日閲覧。
  4. ^ The Allman Brothers Band | Awards | AllMusic
  5. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF OCTOBER 13, 1973
  6. ^ Paul, Alan (2014). One Way Out: The Inside History of the Allman Brothers Band. St. Martin's Press. pp. 181. ISBN 978-1250040497. 
  7. ^ Paul, Alan (2014). One Way Out: The Inside History of the Allman Brothers Band. St. Martin's Press. pp. 183. ISBN 978-1250040497.