ラスト・タイム・アラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラスト・タイム・アラウンド
Last Time Around
バッファロー・スプリングフィールドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォーク・ロック
カントリー・ロック
レーベル アメリカ合衆国の旗アトコ
プロデュース ジム・メッシーナ
バッファロー・スプリングフィールド 年表
バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン
1967年
ラスト・タイム・アラウンド
(1968年)
レトロスペクティブ
1969年
『ラスト・タイム・アラウンド』収録のシングル
  1. 「Uno Mundo / Merry-Go-Round」
    リリース: 1968年
  2. 「Kind Woman / Special Care」
    リリース: 1968年
  3. 「On The Way Home / Four Days Gone」
    リリース: 1968年
テンプレートを表示

ラスト・タイム・アラウンド』(Last Time Around)は、1968年にリリースされた、バッファロー・スプリングフィールドの3作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

1968年1月、バンドへの興味の消失と再三のドラッグ所持による逮捕が重なり、ブルース・パーマーはバッファロー・スプリングフィールドを脱退。後任にはパーマーに替わって、プロデュース能力にも長けたジム・メッシーナがベーシストとして加入。バンドは実質上解散状態にあったが3月20日、ちょうどロサンゼルスを訪れていたエリック・クラプトンと共に、メッシーナとニール・ヤング、そしてリッチー・フューレイがドラッグ所持の容疑で逮捕されるという事件が起きる[1]。この件についてヤングは後に自著で否定しているが、この時スティーヴン・スティルスが“逃げた”ことも引き金となり、解散は決定的となった。以後、契約を遂行するためだけにギグをこなし、5月5日のロング・ビーチ・アリーナが最後のコンサートとなった[1]

本作は、グループ解散後の7月にリリースされた最終作。アトコとの契約を満了させるため、前年の1967年春頃から翌68年の解散決定直前までに録音された未発表音源とメンバー各自のソロ・セッションを寄せ集め、フューレイと新メンバーとなったメッシーナとが最終的にまとめた取り急ぎの内容となっている。そのためバンド・サウンドのスリルやアルバムの統一感は望むべくもないが、各自の個性が浮き彫りにされたうえに、全体のトーンが穏やかなカントリー・タッチに包まれるなど、後のカントリー・ロック・ブームを予見した作品となっている[2]。「カインド・ウーマン」にスティール・ギターでゲスト参加したラスティ・ヤングが、フューレイとメッシーナを刺激し、この3人は後にポコを結成することになった。そしてこの曲は、初期ポコの重要なレパートリーとなった。スティルス作「フォー・デイズ・ゴーン」のメロディは、そのままクロスビー、スティルス & ナッシュファースト・アルバム収録曲「49のバイ・バイズ」に流用されている。また、ヤングの書いた「オン・ザ・ウェイ・ホーム」はボーカルをフューレイが担当しているが、後にクロスビー、スティルス、ナッシュ & ヤング(CSN&Y)の1971年リリースのライブ・アルバム4ウェイ・ストリート』にて再演、ヤング自身のボーカルで収録された[2]。また、同じくヤング作の「アイ・アム・ア・チャイルド」は、1978年のライブ・アルバム『ライブ・ラスト』にも収録された。スティルス作の「クエスチョンズ」は、CSN&Yのアルバム『デジャ・ヴ』収録曲「キャリー・オン」の後半部分でそのまま再演された[3]

収録曲[編集]

Side One[編集]

  1. オン・ザ・ウェイ・ホーム - On The Way Home
    (By Neil Young. Time: 2:27)
    VOCALS: RICHIE, NEIL & STEVE
  2. 待つのが辛くて - It's So Hard to Wait
    (By Richie Furay & Neil Young. Time: 2:05)
    LEAD SINGER: RICHIE
  3. プリティ・ガール・ホワイ - pretty Girl Why
    (By Stephen Stills. Time: 2:25)
    LEAD SINGERS: STEVE & RICHIE
  4. フォー・デイズ・ゴーン - Four Days Gone
    (By Stephen Stills. Time: 2:54)
    LEAD SINGER: STEVE
  5. ケアフリー・カントリー・デイ - Carefree Country Day
    (By Jim Messina. Time: 2:37)
    LEAD SINGER: JIMMY WITH RICHIE & STEVE
  6. スペシャル・ケア - Special Care
    (By Stephen Stills. Time: 3:33)
    LEAD SINGER: STEVE

Side Two[編集]

  1. 雨なき頃 - The Hour of Not Quite Rain
    (By Richie Furay & Micki Callen. Time: 3:44)
    LEAD SINGER: RICHIE
  2. クエスチョンズ - Questions
    (By Stephen Stills. Time: 2:54)
    LEAD SINGER: STEVE
  3. アイ・アム・ア・チャイルド - I Am a Child
    (By Neil Young. Time: 2:20)
    LEAD SINGER: NEIL
  4. メリー・ゴー・ラウンド - Merry-Go-Round
    (By Richie Furay. Time: 2:02)
    LEAD SINGER: RICHIE WITH STEVE
  5. ウノ・ムンド - Uno Mundo
    (By Stephen Stills. Time: 2:00)
    LEAD SINGER: STEVE
  6. カインド・ウーマン - Kind Woman
    (By Richie Furay. Time: 4:13)
    LEAD SINGER: RICHIE WITH JIMMY

レコーディング・データ[編集]

ON THE WAY HOME[編集]

  • Recorded November 15 - December 13, 1967, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Vocals: Richie Furay, Neil Young
  • Bass: Bruce Palmer
  • Piano: Neil Young

IT'S SO HARD TO WAIT[編集]

  • Recorded March 9, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead vocals: Richie Furay
  • Bass: Bruce Palmer

PRETTY GIRL WHY[編集]

  • Recorded February 26 & May 1967, Sound Recorders, Hollywood and Atlantic Studios, New York City.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer
  • Jim Fielder version recorded February 26, 1967 at Atlantic Studios, NYC, was unfinished and not used.

FOUR DAYS GONE[編集]

  • Recorded late 1967 - early 1968.
  • Lead Vocals: Stephen Stills

CAREFREE COUNTRY DAY[編集]

  • Recorded late 1967 - early 1968.
  • Lead Vocals: Jim Messina

SPECIAL CARE[編集]

  • Recorded January 3–20, 1968. Sunset Sound, Hollywood.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Drums: Buddy Miles

THE HOUR OF NOT QUITE RAIN[編集]

  • Recorded late 1967 - February 1968.
  • Lead Vocals: Richie Furay

QUESTIONS[編集]

  • Recorded February 16, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer
  • Drums: Jimmy Karstein

I AM A CHILD[編集]

  • Recorded February 5, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Neil Young
  • Bass: Gary Marker

MERRY-GO-ROUND[編集]

  • Recorded February 16 - March 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Richie Furay
  • Bass: Bruce Palmer
  • Drums: Jimmy Karstein
  • Harpsichord, Calliope, Bells: Jeremy Stuart

UNO MUNDO[編集]

  • Recorded February – March 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer

KIND WOMAN[編集]

  • Recorded February – March 6, 1968, Atlantic Studios, New York City & Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Richie Furay
  • Pedal Steel Guitar: Rusty Young
  • Bass: Richard Davis (not Dickie Davis)

クレジット[編集]

All the compositions in this album are published by
Springalo-Cotillion. BMI.

Recording engineers: Jim Messina, Phil lehle & Adrian Barber
Cover art: Jimini Productions—West Hollywood, California
Backliner art: Derinda Christiansen
PRODUCED BY JIM MESSINA

Buffalo Springfield thank Pat O'Day and Radio Station WLOF
of Orlando. Florida for their assistance with electronic equip-
ment.

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 遠藤哲夫「特集 バッファロー・スプリングフィールド アメリカン・ロックを担う才能が集まっていた伝説のグループ」、『レコード・コレクターズ』第20巻第10号、株式会社ミュージック・マガジン2001年8月1日、 26-29頁、 JANコード 1119637080602。
  2. ^ a b 小尾隆「特集 バッファロー・スプリングフィールド オリジナル・アルバム・ガイド」、『レコード・コレクターズ』第20巻第10号、株式会社ミュージック・マガジン、2001年8月1日、 35-37頁、 JANコード 1119637080602。
  3. ^ 宇田和弘 (2016年). バッファロー・スプリングフィールド『LAST TIME AROUND』のアルバム・ノーツ, pp. 1-3 [12cmCD]. アトコワーナーミュージック・ジャパン (WPCR-80363).