ラスト・タイム・アラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラスト・タイム・アラウンド
Last Time Around
バッファロー・スプリングフィールドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォーク・ロック
カントリー・ロック
レーベル アメリカ合衆国の旗アトコ
プロデュース ジム・メッシーナ
バッファロー・スプリングフィールド 年表
バッファロー・スプリングフィールド・アゲイン
1967年
ラスト・タイム・アラウンド
(1968年)
レトロスペクティブ
1969年
『ラスト・タイム・アラウンド』収録のシングル
  1. 「Uno Mundo / Merry-Go-Round」
    リリース: 1968年
  2. 「Kind Woman / Special Care」
    リリース: 1968年
  3. 「On The Way Home / Four Days Gone」
    リリース: 1968年
テンプレートを表示

ラスト・タイム・アラウンド』(Last Time Around)は、1968年にリリースされた、バッファロー・スプリングフィールドの3作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

1968年1月、バンドへの興味の消失と再三のドラッグ所持による逮捕が重なり、ブルース・パーマーはバッファロー・スプリングフィールドを脱退。後任にはパーマーに替わって、プロデュース能力にも長けたジム・メッシーナがベーシストとして加入。バンドは実質上解散状態にあったが3月20日、ちょうどロサンゼルスを訪れていたエリック・クラプトンと共に、メッシーナとニール・ヤング、そしてリッチー・フューレイがドラッグ所持の容疑で逮捕されるという事件が起きる[1]。この件についてヤングは後に自著で否定しているが、この時スティーヴン・スティルスが“逃げた”ことも引き金となり、解散は決定的となった。以後、契約を遂行するためだけにギグをこなし、5月5日のロング・ビーチ・アリーナが最後のコンサートとなった[1]

本作は、グループ解散後の7月にリリースされた最終作。アトコとの契約を満了させるため、前年の1967年春頃から翌68年の解散決定直前までに録音された未発表音源とメンバー各自のソロ・セッションを寄せ集め、フューレイと新メンバーとなったメッシーナとが最終的にまとめた取り急ぎの内容となっている。そのためバンド・サウンドのスリルやアルバムの統一感は望むべくもないが、各自の個性が浮き彫りにされたうえに、全体のトーンが穏やかなカントリー・タッチに包まれるなど、後のカントリー・ロック・ブームを予見した作品となっている[2]。「カインド・ウーマン」にスティール・ギターでゲスト参加したラスティ・ヤングが、フューレイとメッシーナを刺激し、この3人は後にポコを結成することになった。そしてこの曲は、初期ポコの重要なレパートリーとなった。スティルス作「フォー・デイズ・ゴーン」のメロディは、そのままクロスビー、スティルス & ナッシュファースト・アルバム収録曲「49のバイ・バイズ」に流用されている。また、ヤングの書いた「オン・ザ・ウェイ・ホーム」はボーカルをフューレイが担当しているが、後にクロスビー、スティルス、ナッシュ & ヤング(CSN&Y)の1971年リリースのライブ・アルバム4ウェイ・ストリート』にて再演、ヤング自身のボーカルで収録された[2]。また、同じくヤング作の「アイ・アム・ア・チャイルド」は、1978年のライブ・アルバム『ライブ・ラスト』にも収録された。スティルス作の「クエスチョンズ」は、CSN&Yのアルバム『デジャ・ヴ』収録曲「キャリー・オン」の後半部分でそのまま再演された[3]

収録曲[編集]

Side One[編集]

  1. オン・ザ・ウェイ・ホーム - On The Way Home
    (By Neil Young. Time: 2:27)
    VOCALS: RICHIE, NEIL & STEVE
  2. 待つのが辛くて - It's So Hard to Wait
    (By Richie Furay & Neil Young. Time: 2:05)
    LEAD SINGER: RICHIE
  3. プリティ・ガール・ホワイ - pretty Girl Why
    (By Stephen Stills. Time: 2:25)
    LEAD SINGERS: STEVE & RICHIE
  4. フォー・デイズ・ゴーン - Four Days Gone
    (By Stephen Stills. Time: 2:54)
    LEAD SINGER: STEVE
  5. ケアフリー・カントリー・デイ - Carefree Country Day
    (By Jim Messina. Time: 2:37)
    LEAD SINGER: JIMMY WITH RICHIE & STEVE
  6. スペシャル・ケア - Special Care
    (By Stephen Stills. Time: 3:33)
    LEAD SINGER: STEVE

Side Two[編集]

  1. 雨なき頃 - The Hour of Not Quite Rain
    (By Richie Furay & Micki Callen. Time: 3:44)
    LEAD SINGER: RICHIE
  2. クエスチョンズ - Questions
    (By Stephen Stills. Time: 2:54)
    LEAD SINGER: STEVE
  3. アイ・アム・ア・チャイルド - I Am a Child
    (By Neil Young. Time: 2:20)
    LEAD SINGER: NEIL
  4. メリー・ゴー・ラウンド - Merry-Go-Round
    (By Richie Furay. Time: 2:02)
    LEAD SINGER: RICHIE WITH STEVE
  5. ウノ・ムンド - Uno Mundo
    (By Stephen Stills. Time: 2:00)
    LEAD SINGER: STEVE
  6. カインド・ウーマン - Kind Woman
    (By Richie Furay. Time: 4:13)
    LEAD SINGER: RICHIE WITH JIMMY

レコーディング・データ[編集]

ON THE WAY HOME[編集]

  • Recorded November 15 - December 13, 1967, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Vocals: Richie Furay, Neil Young
  • Bass: Bruce Palmer
  • Piano: Neil Young

IT'S SO HARD TO WAIT[編集]

  • Recorded March 9, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead vocals: Richie Furay
  • Bass: Bruce Palmer

PRETTY GIRL WHY[編集]

  • Recorded February 26 & May 1967, Sound Recorders, Hollywood and Atlantic Studios, New York City.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer
  • Jim Fielder version recorded February 26, 1967 at Atlantic Studios, NYC, was unfinished and not used.

FOUR DAYS GONE[編集]

  • Recorded late 1967 - early 1968.
  • Lead Vocals: Stephen Stills

CAREFREE COUNTRY DAY[編集]

  • Recorded late 1967 - early 1968.
  • Lead Vocals: Jim Messina

SPECIAL CARE[編集]

  • Recorded January 3–20, 1968. Sunset Sound, Hollywood.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Drums: Buddy Miles

THE HOUR OF NOT QUITE RAIN[編集]

  • Recorded late 1967 - February 1968.
  • Lead Vocals: Richie Furay

QUESTIONS[編集]

  • Recorded February 16, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer
  • Drums: Jimmy Karstein

I AM A CHILD[編集]

  • Recorded February 5, 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Neil Young
  • Bass: Gary Marker

MERRY-GO-ROUND[編集]

  • Recorded February 16 - March 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Richie Furay
  • Bass: Bruce Palmer
  • Drums: Jimmy Karstein
  • Harpsichord, Calliope, Bells: Jeremy Stuart

UNO MUNDO[編集]

  • Recorded February – March 1968, Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Stephen Stills
  • Bass: Bruce Palmer

KIND WOMAN[編集]

  • Recorded February – March 6, 1968, Atlantic Studios, New York City & Sunset Sound, Los Angeles, California.
  • Lead Vocals: Richie Furay
  • Pedal Steel Guitar: Rusty Young
  • Bass: Richard Davis (not Dickie Davis)

クレジット[編集]

All the compositions in this album are published by
Springalo-Cotillion. BMI.

Recording engineers: Jim Messina, Phil lehle & Adrian Barber
Cover art: Jimini Productions—West Hollywood, California
Backliner art: Derinda Christiansen
PRODUCED BY JIM MESSINA

Buffalo Springfield thank Pat O'Day and Radio Station WLOF
of Orlando. Florida for their assistance with electronic equip-
ment.

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 遠藤哲夫「特集 バッファロー・スプリングフィールド アメリカン・ロックを担う才能が集まっていた伝説のグループ」、『レコード・コレクターズ』第20巻第10号、株式会社ミュージック・マガジン2001年8月1日、 26-29頁、 JANコード 1119637080602。
  2. ^ a b 小尾隆「特集 バッファロー・スプリングフィールド オリジナル・アルバム・ガイド」、『レコード・コレクターズ』第20巻第10号、株式会社ミュージック・マガジン、2001年8月1日、 35-37頁、 JANコード 1119637080602。
  3. ^ 宇田和弘 (2016年). バッファロー・スプリングフィールド『LAST TIME AROUND』のアルバム・ノーツ, pp. 1-3 [12cmCD]. アトコワーナーミュージック・ジャパン (WPCR-80363).