ラウンド菓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラウンド菓子とは、百貨店の食品売り場などで見かける、100種類以上のチョコレートキャンデーなどのお菓子の置かれた円盤型の販売台(ラウンド什器)がメリーゴーランドのようにぐるぐると回転し、そこからほしいお菓子をかごに入れて、量り売りしてもらうお菓子のこと。

販売台(ラウンド什器)、及び商品(お菓子)は、名古屋にある菓子問屋の松風屋によるものであり、この一体を「スイートプラザ」と呼ぶ。最初は大丸心斎橋、阪急百貨店うめだ本店、名古屋・名鉄百貨店の3カ所で始まり、日本全国に普及していった。

設置場所[編集]

  • 北海道
  • 本州                                                 
  • 四国
    • 石川県 - 大和香林坊店(金沢市) 
  • 九州
    • 福岡県 - 井筒屋小倉店(100g=199円の計量販売)(2012年10月現在)
    • 福岡県 - 井筒屋黒崎店(2014年12月現在)
    • 長崎県 - 佐世保玉屋(100g=160円の計量販売)
    • 大分県 - トキハわさだ店(100g=168円の計量販売)
  • 沖縄

参考[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]