ライモント・ファン・バルネフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライモント・ファン・バルネフェルト

ライモント・ファン・バルネフェルト[1] (Raymond van Barneveld, "Barney", "The Man", 1967年4月20日 - )は、オランダのプロフェッショナル・ダーツ・プレイヤーである。 右投げ。デン・ハーハ出身。 現在の所属団体は、プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション (PDC) である。 彼は、ワールド・チャンピオンに5度、UKオープン・チャンピオンに2度、それぞれ、輝いた。 2008年の1月から6月まで、PDC オーダー・オヴ・メリットにおいて、ナンバー・ワンにランクされていたこともある。 合計で、ブリティッシュ・ダーツ・オーガナイゼイション (BDO) のメジャーで11度 (ワールド・チャンピオンシップで4度、ワールド・マスターズで2度、ワールド・ダーツ・トロフィで3度、そして、インターナショナル・ダーツ・リーグで2度)、PDCのプレミア・イヴェントで4度 (ワールド・チャンピオンシップで1度、UKオープンで2度、ラスベガス・デザート・クラシックで1度)、優勝している。

以前、4回、BDO ワールド・チャンピオンシップで優勝したことに加えて、2007 PDC ワールド・チャンピオンシップでの勝利によって、5回ワールド・チャンピオンになったエリック・ブリストウと、並んだ。 彼は、オランダ人史上、最も成功したダーツ・プレイヤーであり、オランダでダーツを広めるのに多大な影響を持っている。

BDOでの活躍[編集]

バルネフェルトが初めてワールド・チャンピオンシップに出場したのは、1991年、レイクサイド・カントゥリー・クラブで行われたEmbassy ワールド・チャンピオンシップだったが、このときは、第1ラウンドでオーストラリア人のキース・サラヴァンに、0-3で敗退した。

それから、彼は、BDOサーキットで、躍進し始め、1990年9月に行われたベルジャン・オープンと、1991年3月に行われたジャーマン・オープンで、準々決勝にまで進出した。 彼が初めて準決勝に進出したのは、1991年6月に開催されたスイス・オープンのことである。

彼は、1992年のワールド・チャンピオンシップでは、予選落ちしてしまったものの、1993年に、再びレイクサイドに返り咲いている。 このときは、接戦の末、2-3で、後にこのトーナメントのチャンピオンとなるジョン・ロウに敗れた。 1993年のワールド・チャンピオンシップが終わって間もなく、このスポーツにおける当時のトップ・プレイヤー達が、ワールド・ダーツ・カウンスル (WDC、現在のPDC) を設立し、BDOを離れていった。

バルネフェルトは、1994年のダーツ団体分裂後、BDOのオープン大会で飛躍し続け、ダッチ・オープンとベルリン・オープンでは準々決勝に、ベルジャム・オープンでは準決勝に、そしてフィニッシュ・オープン (Finnish Open) では、エァンディ・フォーダムに敗れたものの、決勝に、それぞれ到達した。

彼は、1995年のワールド・チャンピオンシップでも、決勝まで順調に駒を進めていった。 しかし、ウェールズ人のリチー・バーネットに、3-6で敗れ去る。

1996年と1997年、どちらも第2ラウンド敗退となった後、1998年の決勝は、1995年の決勝と同じ対決となり、この元ポストマン[2]は、バーネットを打ち破り、初めてのワールド・タイトルを手にした。 この対決は、それまでに無い5-5 (セッツ) に達したことにより、最高に素晴らしい試合の1つと、しばしばみなされているが、最終的には、バルネフェルトが、フィニッシュのD8を決め、最終セットを4-2 (レッグズ) で勝利したことにより、このタイトルを獲得した。

彼は、1年後、イングランドロニー・バクスターに、またもや6-5でチャンピオンの防衛に成功する。 これで、彼は、このトーナメント史上、このタイトル防衛を成功した、たった2人のプレイヤー(もう1人は、エリック・ブリストウ)となった。

彼の連続優勝の走行は、2000年に第1ラウンドで、クリス・メイスンに当たってしまったことにより、終了した。 メイスンは、アヴェレッジ100を叩き出し、ワールド・チャンピオンのハット・トリックと言うバルネフェルトの望みは、終わった。

バルネフェルトは、2001年と2002年は準々決勝で、4-5でテッド・ヘァンキーに、3-5でマーヴィン・キングに、それぞれ敗北している。 そして、2003年、彼は、6-3でウェールズ出身のリチー・デーヴィーズに勝利し、3度目のワールド・タイトルを手にした。

翌年の2004年は、準決勝でエァンディ・フォーダムに、4-5で敗れた。

2005年、彼は、4度目のタイトルを、手にした。 彼は、初めの3ラウンドを、1セットも落とさず、ゲリー・アンダースンマイク・ヴァイチ、そして、フィンセント・ファン・デル・フォールトを倒した。 準決勝では、5-3でデァリル・フィットゥンに勝利し、決勝では、イングランドマーティン・エァダムズに6-2で勝利し、4度目の栄冠に輝いた。

続く2006年、バルネフェルトは、6度目の決勝に出場し、5度のBDOのワールド・タイトルというブリストウの記録に並ぼうと試みた。 しかし、今回、彼の望みは、同郷の仲間である、当時21歳のイェレ・クラーセンに、5-7という結果で打ち負かされ、消えてしまう。

また、彼は、BDOにおいて、Winmau ワールド・マスターズのタイトルも、2回取得した。 1度目は、2001年、フィンランドヤルッコ・コムラに、2度目は、2005年、スウェーデンヨーラン・クレッメに、それぞれ決勝において勝利したときである。 他の主要なダーツのトーナメントにおいて、彼が少なくとも2回以上は優勝したものには、ワールド・ダーツ・トロフィと、インターナショナル・ダーツ・リーグが、ある。

PDCでのキャリア[編集]

4度のワールド・チャンピオンも経験した15年間のBDOでのプレイの後、ファン・バルネフェルトは、2006年2月15日にBDOからPDCに移籍することを発表した。 移籍の理由に、彼は大きなチャレンジをしたいということと、いつでもフィル・テイラーのようなプレイヤーと一緒に戦いたいということを挙げる[3]。 ゼロから初めて、彼は、素晴らしいPDCの初年を飾った。 移籍から12か月の間に、彼は、世界第2位のプレイヤーになり、ワールド・チャンピオンにも輝いた。

彼のPDCのデビューは、2006 プレミア・リーグ中のことだった。 第1ラウンドにおいて、彼は、8-1という大差で、バクスターに勝利した。 3月23日、彼は初めてテレビ放送中のナイン・ダート・フィニッシュを達成し、また、その夜はテイラーとも対戦し、7-7の引き分けに食い止めた。 これの再対戦は、バルネフェルトの39歳の誕生日に訪れたが、6-8でテイラーに敗れてしまう。 また、このプレミア・リーグの準決勝で、同郷の仲間であるローラント・スホールテンに、予想外にも3-11で負けてしまった。

それから、バルネフェルトは、彼にとって11回目のBDO グランド・スラム・トーナメントであるインターナショナル・ダーツ・リーグの決勝で、コリン・ロイドを13-5で打ち破り、順風満帆な道を進み始める。 6月に、ボルトンリーボック・スタジアムで開催された、UKオープンの決勝において、バリー・ベーツに勝利し、彼にとって初となるPDCのプレミア・タイトルを獲得する。 その日はそれより先に、準々決勝でテイラーに勝利でき、PDCに移ってから口にしてきた夢の1つを達成できた。 彼は、数週間後、2006 ラスベガス・デザート・クラシックの準決勝においても、テイラーを打ち破る。 翌日の決勝で、彼は、3-6でカナダ人のジョン・パートに負けた。

この後すぐ、バルネフェルトは、ダーツを変え、テイラーが使っている"スタッキング"・テクニックを使い始めた。 このダーツは、以前使っていたものよりも、1グラム軽く、オランダにある地元の小売店で£1程度のものだった。

昇り調子のミハエル・ファン・ヘルヴェンに、ワールド・ダーツ・トロフィの第1ラウンドで負けた後、バルネフェルトは、投げ終わりに取り組まねばならないことに気づいた。 Sky Bet ワールド・グランプリでの調子は、良かったものの、第2ラウンドで、フィル・テイラーに負けてしまう。

テイラーとバルネフェルトは、2007 PDC ワールド・チャンピオンシップの決勝で、再び対決することになる。 後に、テイラーが、その時までに経験した決勝の中で、最高の決勝と語った試合である。 3セットを落としたものの、サドン・デス・レッグで7-6でテイラーに見事逆転し[4]、5回のワールド・タイトルと言うエリック・ブリストウの記録に並んだ。 2007年2月に、ライモントは、2007 マスターズ・オヴ・ダーツの決勝戦において、7-0 (セッツ) で、ピーター・メァンリーに勝利する。その時の彼のアヴェレッジは、107であった。 彼の活躍は、カメラのむこうにも、映し出されていた。

2007年のプレミア・リーグでは、2006年のように上手くはいかず、グループ・セクションでテイラーに2度、デニス・プリーストゥリーとロイドに1度、それぞれ、負けてしまう。 それでも、彼は、何とかグループ・セクションで2位になって、プレイオフに進出したものの、準決勝において10-11でテリー・ジェンキンズに敗北する。

しかし、バルネフェルトは、2007 UKオープンの準々決勝において、11-4でテイラーに大勝利を収めるなどして調子を取り戻していき、準決勝において、11-4でコリン・ロイドを、決勝において、16-8でファン・デル・フォールトを、それぞれ打ち破り、タイトル防衛に成功した。 同時に、バルネフェルトは、UKオープンの王座を防衛した初めてのプレイヤーにもなった。 1カ月後、彼は、2007 ラスベガス・デザート・クラシックの決勝において、13-6でテリー・ジェンキンズを破り、またもや大きなタイトルを獲得した。 2007年の5つの主要なタイトル、すなわち、ワールド・チャンピオンシップUKオープンラスベガス・デザート・クラシックワールド・マッチプレイ、そして、ワールド・グランプリを全て獲得するというバルネフェルトの夢は、ブラックプールで行われた、ワールド・マッチプレイの準々決勝において、エイドゥリアン・ルーイスに14-16 (レッグズ) で負けたときに、終わった。

2008年は、バルネフェルトにとって、最も調子が悪く、主要なトーナメントで勝てず、成功から程遠い年であった。 ワールド・チャンピオンシップの王座防衛は、インフルエンザになってしまい、深刻な状況となった。 彼は、第2ラウンド中に、呼吸困難でリタイアしなければならない寸前にまでなったものの、なんとか、最初の2戦を圧倒的な大差で勝利できた。 だが、第3ラウンドにおいて、ケヴィン・ペインターに2-4で敗戦する。 この後、2008 プレミア・リーグ・ダーツの準決勝まで到達したが、ジェイムズ・ウェイドに敗戦し、このトーナメントの同じステージで3期連続敗退してしまう。 彼は、USオープンの早い段階でも敗北し、ラスベガス・デザート・クラシックでは、アラン・タバーンに、そして、UKオープンの準決勝では、その前に、ライヴァルのフィル・テイラーに10-9 (レッグズ) で勝利したばかりであったが、ゲァリー・モースンに、それぞれ、打ち破られる。 彼は、ワールド・マッチプレイの準々決勝でも、ウェイン・マードゥルに敗戦した。 しかし、彼は、ワールド・グランプリで幾分調子を取り戻し、最終的には、テイラーに6-2 (セッツ) で負けてしまったものの、決勝戦まで到達した。 彼は、初開催のヨーロピアン・ダーツ・チャンピオンシップにおいて、ルーイスのダーツにまたしても準々決勝で苦しみ、2-9 (レッグズ) で敗れ去った。

2009年1月2日、2009 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの準々決勝であるオランダ人の対クラーセン戦において、バルネフェルトは、2度目のテレビ放送中におけるナイン・ダート・フィニッシュを達成した。 彼は、第6セットの第2レッグにおいて、最高点の180を2回獲得した後、順に、T20、T19、そして、D12にダーツを、見事打ち付けた。 UKオープンにおいて、テイラーが、ジェイミー・ハーヴィー相手にナイン・ダート・フィニッシュを達成してから、誰も受け取ってない£20,000を、この功績は、バルネフェルトにもたらし、同時に、彼は、PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップで、初めてナイン・ダート・フィニッシュを達成したプレイヤーにもなった。 彼は、161からのフィニッシュなども達成したこの対戦を5-1で勝ち進み、準決勝で、ウェイドにも勝利した。 しかし、決勝では、テイラーに1-7で苦戦し、敗れてしまう。 結局、2007 ワールド・チャンピオンを守れず、£100,000を獲得できなかった(準優勝なので、£60,000の獲得) 結果、彼は、PDC オーダー・オヴ・メリットにおいて、2位から3位に転落してしまった。

2009年のラスベガス・デザート・クラシックでは、彼は調子を取り戻し、決勝で11-13というわずかな差で、フィル・テイラーに、負けた。 その対戦後、バーニーは、Sky Sportsの司会者、デイヴ・クラークのマイクをとり、フィル・テイラーについて語る。

ワールド・マッチプレイの準々決勝で、テリー・ジェンキンズに敗れた後、バルネフェルトは、ダーツをしばらく休む。 彼は、チャンピオンシップ・オヴ・ダーツサウス・アフリカン・マスターズの出場を辞退した。 バルネフェルトは、ダーツを辞めるのではという憶測もあったが、彼は、2009 ワールド・グランプリの第1ラウンドにおいて、アラン・タバーンに勝利した後、彼は、糖尿病にかかっていたので、彼の休暇は、健康のために身体を鍛えようとジムに通うためのものだったと、述べた。 彼は、主要トーナメントの敗戦理由を糖尿病によるものとも、考えた。

2009年12月28日、バルネフェルトは、PDC ワールド・チャンピオンシップの第2ラウンド、対ブレンダン・デュラーン戦で、またナイン・ダート・フィニッシュを達成し、PDC ワールド・チャンピオンシップにおいて、初めて2回ナイン・ダート・フィニッシュを決めたプレイヤーとなった。 彼は、準決勝まで勝ち進み、5-6でサイモン・ウィットロックに負けた。 彼は、3位決定戦のプレイオフにおいて、8-10 (レッグズ) でマーク・ウェブスターに負けた。

2010年4月29日、バルネフェルトは、2010 プレミア・リーグ・ダーツの対テリー・ジェンキンズ戦において、またもやナイン・ダート・フィニッシュを達成した[5]。 これは、結局6位で終わってしまう、調子が出ないプレミア・リーグ中の出来事であった。 プレミア・リーグ中、バーニーは、個人的な問題で悩んでおり、彼と彼の家族は、恐喝されていると語った。 彼は、2010 UKオープンの8つの予選のイヴェントのうちたった1つしか参加できず (3つ以上のイヴェントに参加することが、予選通過の条件のうちの1つとなっている)、本線に参加できなかった。

次のナイン・ダート・フィニッシュは、2010年7月17日、ブラックプールで行われた2010 ワールド・マッチプレイの第1ラウンド、対デニス・アヴァンズ戦においてのことだった。 彼は、初めてワールド・マッチプレイの決勝戦に進出したが、そこで、フィル・テイラーに、12-18で負けた。

ワールド・チャンピオンシップの結果[編集]

BDO[編集]

PDC[編集]

メジャーとプレミアのタイトル[編集]

ワールド・チャンピオンシップ[編集]

優勝回数 (5)[編集]

チャンピオンシップ 決勝戦の対戦相手 決勝戦のスコア
1998 BDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ ウェールズの旗 リチー・バーネット 6 - 5
1999 BDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ イングランドの旗 ロニー・バクスター 6 - 5
2003 BDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ ウェールズの旗 リチー・デーヴィーズ 6 - 3
2005 BDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ イングランドの旗 マーティン・エァダムズ 6 - 2
2007 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ イングランドの旗 フィル・テイラー 7 - 6

その他[編集]

優勝回数 (5)[編集]

チャンピオンシップ 決勝戦の対戦相手 決勝戦のスコア
2001 2001 Winmau ワールド・マスターズ フィンランドの旗 ヤルッコ・コムラ 4 - 2
2005 2005 Winmau ワールド・マスターズ スウェーデンの旗 ヨーラン・クレッメ 7 - 3
2006 2006 UKオープン ウェールズの旗 バリー・ベイツ 13 - 7
2007 2007 ラスベガス・デザート・クラシック イングランドの旗 テリー・ジェンキンズ 13 - 6
2007 2007 UKオープン オランダの旗 フィンセント・ファン・デル・フォールト 16 - 8

脚注・参照[編集]

  1. ^ オランダ語は、基本的に、いわゆるローマ字読みである。 注意する点として、語尾のdtになったり、vよりも、に近いことなどがある。 さらに、毛沢東を日本では「もうたくとう」と読むように、アルファベットを使う他のヨーロッパ諸国などでは、違う読み方になり、英語では、レイモンド・ヴァン・バーナヴェルドのような発音になる。
  2. ^ バルネフェルトのこと。彼の前職は、郵便集配人だった。
  3. ^ Barneveld's reasons for switching to PDC
  4. ^ Taylor 6-7 Barneveld BBC SPORT
  5. ^ Barney's Nine-Dart Joy Archived 2010年7月6日, at the Wayback Machine. PDC

外部リンク[編集]

先代:
レス・ウォーレス
BDO ワールド・チャンピオン
1998-1999
次代:
テッド・ヘァンキー
先代:
トニー・デァイヴィッド
BDO ワールド・チャンピオン
2003
次代:
エァンディ・フォーダム
先代:
エァンディ・フォーダム
BDO ワールド・チャンピオン
2005
次代:
イェレ・クラーセン
先代:
フィル・テイラー
PDC ワールド・チャンピオン
2007
次代:
ジョン・パート