サイモン・ウィットロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイモン・ウィットロック

サイモン・ウィットロック(Simon Whitlock "The Wizard of Oz", 1969年3月3日- )は、オーストラリアダーツプレイヤーである。 右投げ。 シドニー出身。 現在、プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション (PDC) で活躍している。 一時期ライバル団体のブリティッシュ・ダーツ・オーガナイゼイション (BDO) でプレイしていたこともある。 彼の入場曲は、メン・アット・ワークダウン・アンダー

彼の今日までにおける最も輝かしい業績は、BDOからの移籍に見事成功し、2010年のPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップで、フィル・テイラーに続き、準優勝したことである。 フィル・テイラーと同じく170のハイエスト・チェックアウトの分を含むこのトーナメントの賞金は、彼をオーストラリアから、イギリスへの移住と、PDCツアーで戦うことを可能にしてくれるだろうと、彼は述べていた。

彼の敗北によって、今までにただ1人、彼をBDOとPDCの両ワールド・チャンピオンシップの決勝戦に到達したにも関わらず、チャンピオンになったことのない初めてのプレイヤーにもなっている。

初期[編集]

彼は、2003年のPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップにおいて、ベスト16まで、そして2005年のBDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップにおいて、0-5でマーティン・エァダムズに負けてしまったものの準決勝まで、それぞれ到達した。他のイベントでは、2005年と2006年のインターナショナル・ダーツ・リーグの準決勝まで勝ち残っている (順に、マーヴィン・キングライモント・ファン・バルネフェルトに敗戦) 。

2007年、PDCはオーストラリアン・グランプリ (AGP) を開催。 これは、ウィットロックの祖国における一連のトーナメントであり、"The Wizard"は、初めの2つのイベントを優勝した。 AGPの最終的な優勝者は、2008年のPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの自動的な予選通過権を得られることになっていたが、ウィットロックは、ワールド・ダーツ・フェデレイション (WDF) 及びBDOプレイヤーのままで、BDO ワールド・チャンピオンシップで戦うことを選ぶ。

ウィットロックは、エドウィン・マックスファビアン・ローゼンブラント、そして、準決勝で前ワールド・チャンピオンであったテッド・ヘァンキー(彼は、翌年再びワールド・チャンピオンとなる)を5-0で打ち破っていくという、絶好調ぶりをみせていた。それから、カンブリアブライアン・ウッズに勝利し、2008年のBDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの決勝に駒を進めた。そこで彼は、5-7でナンバー1・シードだったマーク・ウェブスター(ダーツ)に敗れる。

ウィットロックは、2009年のBDO ワールド・ダーツ・チャンピオンシップにナンバー12・シードとして参戦し、第1ラウンドでマーク・バーロリーを打ち破ったが、第2ラウンドでデレル・フィットゥンに負けた。

再びPDCへ[編集]

何週間にもわたる熟考の後、ウィットロックは2009年3月19日にPDCに戻ることを決めた[1]。彼は、AGPサーキットでプレイし始め、8つのトーナメントで優勝した。 彼は、ラスベガス・デザート・クラシックの参加資格を得るが、テレビ放映された舞台の第1ラウンドで、テリー・ジェンキンズに負けてしまう。

2009年のグランド・スラム・オヴ・ダーツでは、グループ・ステージを、テッド・ヘァンキーウェイン・マードゥルスコット・ウェイツの3人全てに勝利し、上手く通過できた。 ラスト16では、1996年のBDO ワールド・チャンピオンであるスティーヴ・ビートゥンを9-1で打ち負かすが、結局この大会の準優勝者となるスコット・ウェイツに負けてしまう。

2010年のPDC ワールド・チャンピオンシップにおいて、ウィットロックは、コリン・オズボーンを3-1、ウェイン・ジョウンズを4-0、そしてテリー・ジェンキンズを4-2で、それぞれ打ち破り、最高の対決の中ジェイムズ・ウェイドを、5-3で打破した。 準決勝は、ライモント・ファン・バルネフェルトとの対戦となり、2-4まで負けていたものの、最終的に6-5と逆転勝利する。 そして、フィル・テイラー相手の決勝戦では、最初のセットを落とし、続く2セットをこのトーナメントで彼の2度目の170チェックアウトを含む形で取得した。 しかし、テイラーも後にこの対戦中、彼の2度目の170チェックアウトを達成[2]し、続けて7-3でウィットロックに勝利した[3]。 この時の活躍のおかげで、ウィットロックはWinmauスポンサーシップの契約を交わすことができた。

1月4日、サイモン・ウィットロックは、2010 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの活躍により、2010年の2010 プレミア・リーグ・ダーツに参加することになるとアナウンスされた。 サイモンは、ライモント・ファン・バルネフェルト(2回)、エイドゥリアン・ルーイスマーヴィン・キング(2回)、テリー・ジェンキンズ、そしてジェイムズ・ウェイドを打ち破った後、リーグ戦[4]を2位で終え、準決勝に進む。 彼の疾走は、この対戦の後に準優勝となるジェイムズ・ウェイドに6-8で敗北し、終わりを迎える。

ダーツにおけるウィットロックの特徴は、大きな数字からのフィニッシュとその正確さである。2010年の2010 プレミア・リーグ・ダーツでは、14週間、チェックアウトの成功率が、50%だった。

脚注[編集]

  1. ^ Aussie Star Makes PDC Move”. pdc.tv (2009年3月19日). 2009年3月19日閲覧。
  2. ^ この対戦では、他にも167や161のチェックアウトをテイラーが達成したり、122のチェックアウトを両者ともBullで決めるなど、大きな数字やBullを使ったチェックアウト達成が多かった。このような迫力があるシーンの多い中、1レッグだけ、残りの点数が、ウィットロックが2、テイラーが3になるまで、どちらもチェックアウトできないときがあった。
  3. ^ Jacob, Gary (2010年1月4日). “Phil Taylor summons all his powers to master Simon Whitlock’s challenge”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/more_sport/article6974868.ece 2010年1月4日閲覧。 
  4. ^ 1戦も勝てなかったテイラー戦において、ウィットロックは、265からT19に3本入れ94にするという珍しい点数の減らし方をした後、25、19、Bullでチェックアウトした。

外部リンク[編集]