ヨーロッパ (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EUROPE
種別 月刊紙
設立 1923年
言語 フランス語
ISSN 0014-2751
ウェブサイト http://www.europe-revue.net/

「ヨーロッパ」(仏:'’Europe’’)は、フランスの雑誌。

歴史[編集]

「ヨーロッパ」はロマン・ロランと彼の取り巻きによって1923年2月15日に創刊されたフランスの雑誌。その後、リーデルから出版されている。アルバート・クレミューが1924年に編集長に任命された。

ジャン・ゲーエノやジャン・カスーを含む、初期のリーダーのうちの一人、ルネ・アルコス はその表題を選択した理由を次のように説明している。「われわれの広大な、東洋と新世界の間にある半島は文明が合流する交差点であるので、今日では人々は「ヨーロッパ」'と呼ぶ。しかし我々が対象としているのは全人類である。そして、現在人類を分裂させている、悲しい誤解を消し去るのに貢献することを期待している。」

独ソ不可侵条約に調印したという通知によって中断された1939年までは、反ファシストとの闘争において共産主義者の考え方にのっとっていた。

1946年、ヨーロッパルイ・アラゴンにより再刊になる。彼は、フランス合同出版 [1]により吸収合併された、フランス蔵書'[2]を通してこの雑誌を出版した。ピエール・アブラハムはその際に雑誌編集の指揮をとった人であり、1974年に死去するまでこの仕事に尽力することになる。ピエール・ガマラは編集長に任命された後、20年以上もの間彼の後任として働いた。 1950年から、「ヨーロッパ」は特別号という形で刊行され、文学雑誌の金字塔となった。

その愛好家には、ジャン=リシャル。ブロク, ポール・エリュアール, アンリー・メショニック, エルザ・トリオレ と アントワーヌ・ヴィテーズがいる。2011年現在、この雑誌はジャン=バティスト・パラと シャルル・ドブジスキーにより指揮が執られている。

この雑誌は、 ルイ=フェルディナン・セリーヌ, エミール・ダノアン, ジャン・ジオノ, パナイット・イストラティ, ジュール・シュペルヴィエル, ラビンドラナート・タゴール, トリスタン・ツァラなどさまざまな作家の記事を掲載している。

「ヨーロッパ」友の会という団体があり、規定によると文学を主とした文化の活気を発展させることを目的としている。また,「ヨーロッパ」の刊行以来の伝統的特徴として,受容と開放の精神,人間主義(ヒューマニズム)が見られる。

図書館で保管を簡易にする為に,「ヨーロッパ」雑誌は書籍をペーパーバック・フォーマットで出版している。

脚注[編集]

  1. ^ Les Éditeurs français réunis
  2. ^ La Bibliothèque française

外部リンク[編集]

EUROPE (fr.)