ヨーロッパチュウヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨーロッパチュウヒ
C aeruginosus.jpg
ヨーロッパチュウヒ Circus aeruginosus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: チュウヒ属 Circaetus
: ヨーロッパチュウヒ C. aeruginosus
学名
Circus aeruginosus
Linnaeus1758
和名
ヨーロッパチュウヒ
英名
Western Marsh-harrier
Circus aeruginosus

ヨーロッパチュウヒ(欧羅巴沢鵟、Circus aeruginosus)は、鳥綱タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥。

形態[編集]

体長はオスが49-55cmでメスが52-60cmである[1]。翼開長は115-145cmである[2]

オスは重量が405-730gで、腹は赤褐色をしている。頭はく頭から背にかけて褐色または黒色で、は雨覆と初列風切羽の先端も背と同様に褐色または黒色で、それ以外は灰白色である。メスは重量が540-960gで、体は全体的に黒褐色をしている。翼は褐色で、前縁や胸にクリーム色の斑が入っている[1][2]

分布[編集]

ノルウェーデンマークリトアニアポーランドベラルーシボスニア・ヘルツェゴビナ中央アジアアフガニスタン中国ロシア繁殖し、バーレーンマルタカナリア諸島では旅鳥カタール南スーダンでは越冬する。ヨーロッパ[注釈 1]コーカサス地方中東アフリカ[注釈 2]モンゴルパキスタンインドネパールミャンマーシンガポールでは留鳥である[3]

日本では、1989年山口県幼鳥1羽が観察された記録が一例ある[4][5]。  

亜種[編集]

生態[編集]

主に内陸湿地沼地に生息する。河川淡水湖農耕地にも生息している[3]

主に小型から中型のウサギなどの哺乳類を捕食する。魚類トカゲなどの爬虫類カエルなどを食べる地域もある[2]

繁殖期は湿地にを山にして幅60-80cmのを作り、2-7個の卵を産む[注釈 3]。卵は孵化まで31-38日かかり、その間メスが抱卵する[3][2]。ヒナは35-40日で巣立つが、巣立ちできるヒナは2-4羽である。9月から10月に繁殖地を去り越冬地に向かう。越冬地は2月から3月に去り、3月から4月に繁殖地に戻る[2]

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
コウノトリ目 Ciconiiformes
ハヤブサ下目 Falconides
タカ小目 Accipitrida
タカ科 Accipitridae
タカ亜科 Accipitrinae

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アイスランドアイルランドノルウェースウェーデンリトアニアベラルーシポーランドチェコボスニア・ヘルツェゴビナコソボアンドラを除く
  2. ^ アルジェリアや南スーダン、赤道ギニアコンゴボツワナナミビアエスワティニレソトカーボベルデ以外の島国を除く
  3. ^ ほとんどの場合は3-6個を産む[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 永井真人 (2016). 鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 (2 ed.). 文一総合出版. p. 43. ISBN 978-4-8299-7210-6 
  2. ^ a b c d e f Orta, J., P. F. D. Boesman, J. S. Marks, E.F.J. Garcia, and G. M. Kirwan. J. del Hoyo, A. Elliott, J. Sargatal, D. A. Christie, and E. de Juana,: “Eurasian Marsh-Harrier (Circus aeruginosus)”. Birds of the World. 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c BirdLife international (2015年). “Circus aeruginosus. The IUCN Red List of Threatened Species 2015”. IUCN. 2020年5月8日閲覧。
  4. ^ 池長裕史、川上和人、柳澤紀夫「Ⅱ.日本鳥類目録第 6 版で「検討中」とされた種および亜種の検討について」『日本鳥学会誌』第61巻第1号、日本鳥学会、2012年、 167頁、2020年5月8日閲覧。
  5. ^ a b 池長裕史、川上和人、柳澤紀夫「Ⅰ.日本鳥類目録改訂第 7 版で新たに掲載された種および亜種の記録等について」『日本鳥学会誌』第63巻第1号、日本鳥学会、2014年、 110頁、2020年5月8日閲覧。
  6. ^ a b Orta, J., Boesman, P., Marks, J.S., Garcia, E.F.J. & Kirwan, G.M.. del Hoyo, J., Elliott, A., Sargatal, J., Christie, D.A. & de Juana, E.: “Western Marsh-harrier (Circus aeruginosus)”. Handbook of the Birds of the World Alive. 2020年5月8日閲覧。
  7. ^ a b ヨーロッパチュウヒ Circus aeruginosus (Linnaeus, 1758)”. Avibase 世界鳥類データベース. 2020年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]