ヨアン・ペテル・クリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアン・ペテル・クリアーノ
生誕 1950年1月5日
ルーマニアイアーシ
死没 1991年4月15日(41歳)
アメリカシカゴシカゴ大学構内
職業 宗教学者哲学者
テンプレートを表示

ヨアン・ペテル・クリアーノIoan Petru Culianu, 1950年1月5日1991年4月15日)はルーマニア出身の宗教学者文化史家思想史家哲学者エッセイスト短編作家シカゴ大学で長く神学教授として勤め、フローニンゲン大学でルーマニア文化史の講師をしていた。クリアーヌと表記されることもある。

クリアーノはグノーシス(主義)ルネサンス期呪術を専攻し、ミルチャ・エリアーデの協力者、後継者というべき存在である。オカルトエロス呪術精神歴史の相互関係に関する独創的で影響力の大きい著書・研究書を残した。

クリアーノは1991年に暗殺されるが、その理由はルーマニアの政治を批判したためと推測されている。

生涯[編集]

経歴[編集]

クリアーノはルーマニア第二の都市イアーシで生まれ、ブカレスト大学に入学した。大学在学中、1972年7月ペルージャに留学した際、イタリア亡命している。その後、ミラノにあるサクロ・クオーレ・カトリック大学(カトリック聖心大学)を卒業し、フランスオランダでしばらくの間生活した。パリ第4大学(パリ・ソルボンヌ大学)において宗教史学者ミシェル・メスリンの指導のもと、1987年1月,学位論文'Recherches sur les dualismes d'Occident. Analyse de leurs principaux mythes'(西洋二元論に関する研究―二元論的思考体系の分析―)により博士号を取得した。ヨーロッパを離れシカゴに行き、シカゴ大学客員教授を務めた後、教授となった。

クリアーノは3つの博士号を持ち、6つの言語を使いこなして、ルネサンス期の呪術神秘主義を専門分野とした。最も著名な宗教学者ミルチャ・エリアーデに師事し、後にその後継者と自負し、また周りからもそう目された。また、クリアーノはフィクション作品や政治に関する記事を執筆している。

暗殺[編集]

著作[編集]

  • Éros et Magie à la Renaissance. 1484, Paris, Flammarion, 1984; Eros and Magic in the Renaissance, Chicago, University of Chicago Press, 1987; Eros e magia nel Rinascimento: La congiunzione astrologica del 1484, Milano, Il Saggiatore - A. Mondadori, 1987; Eros şi magie în Renaştere. 1484, Bucureşti, Nemira, 1994, 1999(2); Iaşi, Polirom, 2003(3); Eros y magia en el Renacimiento. 1484, Madrid, Ediciones Siruela, 1999