ユージヌィ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユージヌィ島
YuzhnyIsland.svg
座標 北緯72度 東経54度 / 北緯72度 東経54度 / 72; 54座標: 北緯72度 東経54度 / 北緯72度 東経54度 / 72; 54
面積 33,275km2 km²
所在海域 カラ海バレンツ海
所属国・地域 ロシアアルハンゲリスク
テンプレートを表示

ユージヌィ島(ロシア語: Южный остров)はロシアアルハンゲリスク州ノヴァヤゼムリャ列島の南島。ロシア語名も「南の島」を意味する。面積は33,275平方キロメートルで北島であるセヴェルヌィ島よりも小さい。ノヴァヤゼムリャ列島は世界でも最大級の列島の一つであり、同島も世界の大きな島の一つである。北島とは狭いマトチキン海峡で隔てられており、ヴァイガチ島とはカルスキエボロタ海峡で隔てられている。

もともとネネツ人が居住していたが、1950年代の核実験時に多くが避難していった。[1]海鳥の住居としても知られている。島の多くはツンドラ気候で気候に合った植物が生育する。

[編集]

  1. ^ http://www-ns.iaea.org/downloads/rw/waste-safety/north-test-site-final.pdf

外部リンク[編集]