ボリショイ・ベギチェフ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボリショイ・ベギチェフ島

Большой Бегичев остров
ハタンガ湾内のボリショイ・ベギチェフ島の位置(赤色)
ハタンガ湾内のボリショイ・ベギチェフ島の位置(赤色)
座標:北緯74度32分 東経112度2分 / 北緯74.533度 東経112.033度 / 74.533; 112.033
ロシアの旗 ロシア
連邦構成主体 サハ共和国
面積
 • 陸地 1,764km2
人口
0人

ボリショイ・ベギチェフ島 (ボリショイ・ベギチェフとう、:Большой Бегичев остров、:Bolshoy Begichev Island) は、ロシアハタンガ湾に位置する無人島である。サハ共和国に属する。

概要[編集]

ハタンガ川の河口が三角江を形成して出来たハタンガ湾の入り口をふさぐように位置し、南北に海峡を作っている。

ボリショイ・ベギチェフ島のパスカ岬

島の名前は、極地探検家のニキフォー・ベギチェフ英語版に由来する。

ニキフォー・ベギチェフ

属島[編集]

ボリショイ・ベギチェフ島の西方8.5kmにある、広さ15平方kmの島。マリ・ベギチェフ島とボリショイ・ベギチェフ島の間にはロシア連邦の地方区分の境界線が引かれており、マリ・ベギチェフ島はクラスノヤルスク地方に属する。

ボリショイ・ベギチェフ島の北方15kmにある、広さ12平方kmの細長い島。過去には北極海航路を通る船のランドマークとして活用されていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ ウィリアム・バー英語版The First Soviet Convoy to the Mouth of the Lena.』

関連項目[編集]