ベリコフスキー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジュー諸島におけるベリコフスキー島の位置

ベリコフスキー島Belkovsky Island、Бельковский остров)は、ロシア北東部ラプテフ海ノヴォシビルスク諸島アンジュー諸島ロシア語版英語版に属する島。

概要[編集]

島の東にはコテリヌイ島があり、島とはザーリャ海峡(エドゥアルト・トールが乗船した砕氷船ザーリャ号に由来)によって隔てられている。また、島の南にはオストロフ・ストリジェヴァ(Ostrov Strizhëva)と呼ばれる小島がある。

面積は約500 km²で、最高点は120 mである。

ベリコフスキー島はロシアサハ共和国が管轄している。

地質[編集]

ベリコフスキー島の地層は、デボン紀前期から石炭紀後期のものが緊密に折り重なり構成されている。デボン紀前期の岩は砂岩礫岩石灰岩が粘土質になったもので形成され、石炭紀後期の岩はシルト岩アージライト石、砂岩、礫岩などで組織され、少量ながら流紋岩溶岩も含んでいる。[1][2]

動植物相[編集]

ベリコフスキー島には大きな鳥のコロニーやセイウチの繁殖地がある。島の大部分はツンドラが覆っているが、それ以外の土地のほぼ全域にはとても背丈の低い草や雑草、隠花植物、コケ、地衣類苔類などの植物が生えている。島の土壌は全体的に湿気を含み、木目が細かいのが特徴である。[3]

歴史[編集]

島はベリコフというロシア商人によって1808年に発見された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kos’ko, M.K., B.G. Lopatin, and V.G. Ganelin, 1990, Major geological features of the islands of the East Siberian and Chukchi Seas and the Northern Coast of Chukotka. Marine Geology. vol. 93, pp. 349–367.
  2. ^ Fujita, K., and D.B. Cook, 1990, The Arctic continental margin of eastern Siberia, in A. Grantz, L. Johnson, and J. F. Sweeney, eds., pp. 289-304, The Arctic Ocean Region. Geology of North America, vol L, Geological Society of America, Boulder, Colorado.
  3. ^ CAVM Team, 2003, Circumpolar Arctic Vegetation Map. Scale 1:7,500,000. Conservation of Arctic Flora and Fauna (CAFF) Map No. 1. U.S. Fish and Wildlife Service, Anchorage, Alaska.

外部リンク[編集]

リンクは全てドイツポツダムにあるアルフレッド・ウェゲナー極地海洋研究所ポツダム調査団による。