ユヴァル・ノア・ハラリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユヴァル・ノア・ハラリ
Yuval Noah Harari cropped.jpg
ハラリ(2013)
生誕 (1976-02-24) 1976年2月24日(43歳)
イスラエルの旗 イスラエル, Kiryat Ata
居住 イスラエルの旗 イスラエル, Mesilat Zion
国籍 イスラエル人
研究分野 歴史
研究機関 ヘブライ大学
出身校 ヘブライ大学
オックスフォード大学
博士課程
指導教員
Steven J. Gunn
主な業績サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福
ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来
影響を
受けた人物
ジャレド・ダイアモンド
主な受賞歴
  • Polonsky Prize for Creativity and Originality (2009 and 2012)
  • Society for Military History's Moncado Award
  • Young Israeli Academy of Sciences
  • National Library of China best book of the year award
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ユヴァル・ノア・ハラリ (ヘブライ語: יובל נח הררי‎、: Yuval Noah Harari1976年2月24日 - )は、イスラエル歴史学者ヘブライ大学歴史学部の終身雇用教授[1] 。世界的ベストセラー『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』、『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来』の著者。著書では自由意志意識知能について検証している。

略歴[編集]

1976年、イスラエルキリヤット・アタで生まれた。その後ハイファにてレバノン東ヨーロッパをルーツに持つユダヤ人家庭で育った[2]

2002年に、現在彼のであるイツィク・ヤハフ(Itzik Yahav)に出会い、彼はヤハフのことを「私の『すべてのモノのインターネット』(my internet of all things)と語っている」[3][4]。ヤハフは個人的なマネージャーでもある[5]カナダトロントで結婚し[6] 、その後イスラエルにほど近い地のモシャブ(農業共同体の一種)で生活している[7][8][9]

2000年、オックスフォード在住中にヴィパッサナー瞑想を開始し[10]、それが「人生を変えた」と語っている[11]。著書『ホモ・デウス』では献辞として「S・N・ゴエンカに捧げる」とされている。

経歴[編集]

1993年から1998年の間、ヘブライ大学で地中海史と軍事史を学んだ。その後オックスフォード大学のジーザス・カレッジに進み、Steven J. Gunnに師事して2002年に博士の学位を取得した。 2003年から2005年にかけてヤド・ハナディヴのフェローとして博士研究員の立場で歴史学を研究した。[12]

その頃から、主として軍事に関する多くの著書や記事を執筆するようになる。現在の専門は世界史とマクロ・ヒストリー(歴史の究極的な法則性を探求し、長期的・巨視的な傾向を見いだそうとする学問)である。著書『サピエンス全史』は2011年にヘブライ語で出版された。2014年には英語版が出版され、その後30に迫る数の言語に翻訳された。本書においてハラリは人類史の全域に渡る調査を行った。その領域は石器時代から始まって、21世紀における政治的・技術的な革新にいたるまでホモ・サピエンスの進化全域を対象としている。ヘブライ語版はイスラエルでベストセラーとなり、学界のみならず一般の人々の関心もかき立てたためハラリは一躍名声を得た。

ユーチューブで公開されているヘブライ大学における世界史講義(ヘブライ語)は、視聴回数が数十万回という人気を誇っている。[13] またハラリは『A Brief History of Humankind(人類史概論)』という英語での無料オンライン講座を開講しており、全世界で10万人以上の受講者がいる。

2009年から2012年にかけていくつかの有名な賞を受賞して名声を固めていった。さらに2015年、フェイスブックの創始者であり現CEOでもあるマーク・ザッカーバーグによってサピエンス全史が紹介され一躍世界的に有名になった。ザッカーバーグは本書を「人類文明の壮大な歴史物語」と評してフォロワーに紹介した。

主な著書[編集]

  • Harari, Yuval Noah (2014). Sapiens: A Brief History of Humankind. London: Harvill Secker. ISBN 978-006-231-609-7. 
  • Harari, Yuval Noah (2015). ההיסטוריה של המחר. Jerusalem: Dvir publishing. 
  • ユヴァル・ノア・ハラリ; 柴田裕之訳 『サピエンス全史:文明の構造と人類の幸福』 河出書房新社、2016年。ISBN 978-4309226712  (Sapiens: A Brief History of Humankindの翻訳)
  • Harari, Yuval Noah (2016). Homo Deus: A Brief History of Tomorrow. London: Harvill Secker. ISBN 978-1910701881. (ההיסטוריה של המחרの英訳)
  • ユヴァル・ノア・ハラリ; 柴田裕之訳 『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来』 河出書房新社、2018年。ISBN 978-4309227368  (Homo Deus: A Brief History of Tomorrowの翻訳)

動物福祉[編集]

彼はヴィーガン(乳製品等も摂らない完全な菜食主義者)でもあり、動物(とりわけ家畜)の置かれている深刻な状況に対しても見解を述べている。2015年、英国ガーディアン紙に寄稿した記事『工業型農業は歴史上最悪の犯罪のひとつである』において「工業的に飼育されている動物たちの運命は(中略)我々の時代における最も逼迫した倫理上の問題のひとつである」と述べている。

出典[編集]

  1. ^ Yuval Harari site
  2. ^ Cadwalladr, Carole (2015年7月5日). “Yuval Noah Harari: The age of the cyborg has begun – and the consequences cannot be known”. 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ Adams, Tim (2016年8月27日). “Yuval Noah Harari: ‘We are acquiring powers thought to be divine’”. the Guardian. 2018年3月17日閲覧。
  4. ^ Fast Talk / The Road to Happiness”. Haaretz (2012年4月25日). 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ זה ייגמר בבכי: סוף העולם לפי יובל נח הררי”. 2018年3月17日閲覧。
  6. ^ Sadly, superhumans in the end are not going to be us”. Mumbai Mirror. The Times Group (2015年10月14日). 2018年3月17日閲覧。
  7. ^ Fast Talk The Road to Happiness”. Haaretz (2017年4月25日). 2018年11月5日閲覧。
  8. ^ Appleyard, Bryan (2014年8月31日). “Asking big questions”. thesundaytimes.co.uk. 2015年7月25日閲覧。
  9. ^ Reed, John (2014年9月5日). “Lunch with the FT: Yuval Noah Harari”. ft.com. 2015年7月25日閲覧。
  10. ^ Yuval Harari, author of “Sapiens,” on AI, religion, and 60-day meditation retreats”. 2018年3月17日閲覧。
  11. ^ Adams, Tim (2016年8月27日). “Yuval Noah Harari: ‘We are quickly acquiring powers that were always thought to be divine’”. 2018年11月5日閲覧。
  12. ^ CV at The Hebrew University of Jerusalem”. Hebrew University (2008年). 2017年2月19日閲覧。
  13. ^ "A Brief History of Mankind course, in the Hebrew University of Jerusalem channel in YouTube (in Hebrew)