ユダス・マカベウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ユダス・マカベウス』(Judas Maccabaeus ジューダス・マカビーアスHWV63は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが作曲したオラトリオ

概要[編集]

このオラトリオは1745年から翌年にかけてのジャコバイトの反乱の鎮圧を反映し、この戦いで活躍したカンバーランド公爵のスコットランドからの帰還を祝うために書かれた[1][2]

ユダ・マカバイ偶像崇拝を強要する異教徒の圧制からイスラエルを解放した英雄であり、旧約聖書続編マカバイ記に登場する。

初演は1747年4月1日コヴェント・ガーデンメサイア (ヘンデル)に次いで人気の高いオラトリオである。台本はトマス・モーレル(Thomas Morell)による。

『ユダス・マカベウス』は成功を収めた。また、当時ロンドンに住んでいた5000人ほどのユダヤ人は、このオラトリオを熱狂的に迎えたという[2]

ユダヤ的な内容を嫌ったナチス・ドイツでは話をオラニエ公ウィレム1世によるオランダのスペインからの独立に差し替えた『ナッサウのヴィルヘルム』(Wilhelmus von Nassauen)として1941年にハンブルクで上演された[3]

「見よ勇者は帰る」の旋律[編集]

有名な「見よ勇者は帰る」See the conquering hero comes(第3部、第58曲)は、初演時には存在せず、1750年の再演時に別なオラトリオ『ヨシュア』のために書かれた曲を借用したものである[1]。この曲の旋律は様々に使われている。

ベートーヴェンは、この旋律を用いてチェロとピアノのための変奏曲を作曲している(WoO 45、1796年)。また スズキ・メソードではヴァイオリン用の練習曲になっている。またこの曲はかつては近代オリンピックの表彰式に流されていた。日本では「得賞歌」として表彰式における表彰のBGMとしてよく知られる。

また、スイス人作詞家 Edmond Louis Budry は、1884年、この旋律に聖句から讃美歌の歌詞「よろこべやたたえよや」を付けた。欧米諸国ではクリスマスの歌としてもよく歌われる。

イギリスでは愛国歌として扱われ、ヘンリー・ウッドの『イギリスの海の歌によるファンタジア』の中でも使用されている。

もともとこのオラトリオはハヌカの起源になった出来事に関するものであり、ユダヤ教ではレヴィン・キプニス(Levin Kipnis)の作詞による「ハヴァ・ナリマ」(הבה נרימה)というハヌカを祝う歌として歌われる。

あらすじ[編集]

モーレルによる台本は第二正典または外典とされる『マカバイ記1』の2-8章にもとづいており、それにフラウィウス・ヨセフスユダヤ古代誌』の要素が加えられている。

このオラトリオで描出されるのは紀元前170-160年、ユダヤセレウコス朝に支配されていた時代の出来事で、セレウコス朝はユダヤ教を根絶しようと試みた。ゼウス崇拝を命令され、迫害の脅しのもとでユダヤ人の多くはその命令に従ったが、あくまで従わないものもあった。反抗者のひとりであるマタティアは、異教のいけにえをささげようとした仲間のユダヤ人を殺害する。マタティアは異教の祭壇を破壊した後、山中に逃げこみ、そこでユダヤ教の信仰のために戦おうとする人々を集める[4]

ヘンデルの音楽は、ユダヤ人たちの運命が落胆から歓喜へと変わるのに連れて変化する気分を描きだしている[4]

第1部[編集]

人々は指導者であるマタティアの死を悼むが、マタティアの子であるシモンは彼らの信仰を復活させようとして、戦いに参加するように告げる (Arm, arm, ye brave)。シモンの兄であるユダ・マカバイは指導者の役割を引き継ぎ、エホバの力による自由と勝利の信念によって人々を奮い立たせる[4]

第2部[編集]

人々は勝利を得るが、ユダは彼らが慢心して勝利を自分たちの手柄と考えるようになるのではないかと懸念する。セレウコス朝の将軍であるゴルギアスは復讐を計画し、人々の浮いた気分は落胆の嘆きへと変わる (Ah! wretched Israel!)。再びユダが人々を召集し (Sound an alarm)、異教の祭壇は倒されなければならないこと、いつわりの宗教には反抗せねばならないことを主張する[4][5]

第3部[編集]

ついにユダヤ人の勝利が獲得される (See, the Conqu’ring Hero Comes!)。ローマがユダヤ人と同盟してセレウコス朝に対抗しようと考えているという知らせが届く。とうとう祖国に平和がもたらされ、人々は喜ぶ (O lovely peace)[4]

編成[編集]

人物[編集]

  • ユダス・マカベウス Judas Maccabaeus (tenor)
  • シモン・マカベウス(弟) Simon, his Brother (bass)
  • イスラエルの婦人 Israelitish Woman (soprano)
  • イスラエル人 Israelitish Man (mezzo-soprano)
  • ローマへのユダヤの大使 Eupolemus, the Jewish Ambassador to Rome (alto)
  • 最初の使い First Messenger (alto)
  • 第二の使い Second Messenger (bass)
  • イスラエル人の合唱 Chorus of Israelites
  • 青年の合唱 Chorus of Youths
  • 処女の合唱 Chorus of Virgins

1747年初演時の歌手

構成[編集]

Part No. Type Title Voices Tempo Time Signature Key Signature
1 1 Overture Largo, Allegro, Largo 4/4, 3/8, 4/4 G minor
1 2 Chorus Mourn, ye afflicted children Soprano, Alto, Tenor, Bass Largo 4/4 C minor
1 3 Recitative Well may your sorrows Israelitish man (Tenor) 4/4
1 4 Duet From this dread scene Israelitish man (Tenor),
Israelitish woman
Andante e staccato 3/4 G minor
1 5 Chorus For Sion lamentation make Soprano, Alto, Tenor, Bass Larghetto e un poco piano, Adagio 12/8, 4/4 F minor
1 6 Recitative Not vain is all this storm of grief Simon 4/4
1 7 Air Pious orgies Israelitish woman Largo e sostenuto 4/4 G major
1 8 Chorus O Father, whose Almighty power Soprano, Alto, Tenor, Bass Larghetto, Allegro 3/4, 4/4 B flat major
1 9 Recitative
(accompanied)
I feel the Deity within Simon 4/4
1 10 Air Arm, arm, ye brave Simon Allegro 4/4 C major
1 11 Chorus We come, in bright array Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 3/4 C major
1 12 Recitative ‘Tis well, my friends Judas Maccabaeus 4/4
1 13 Air Call forth thy powers Judas Maccabaeus Allegro 4/4 D major
1 14 Recitative To Heaven’s Almighty King we kneel Israelitish woman 4/4
1 15 Air O Liberty, thou choicest treasure Israelitish woman Largo 4/4 A major
1 16 Air Come, ever-smiling Liberty Israelitish woman Andante 6/8 A major
1 17 Recitative O Judas, may these noble views inspire Israelitish man 4/4
1 18 Air ‘Tis Liberty Israelitish man Larghetto, Adagio, Larghetto 4/4 E major
1 19 Duet Come, ever-smiling Liberty Israelitish woman,
Israelitish man (mezzo-soprano)
Andante 6/8 A major
1 20 Chorus Lead on, lead on Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 4/4 D major
1 21 Recitative
(end accompanied)
So willed my father Judas Maccabaeus 4/4
1 22 Chorus Disdainful of danger Alto, Tenor, Bass Allegro 3/8 G major
1 23 Recitative Ambition! if e’er honour was thine aim Judas Maccabaeus 4/4
1 24 Air No unhallow’d desire Judas Maccabaeus Allegro 6/8 B flat major
1 25 Recitative Haste we, my brethren Israelitish man (Tenor) 4/4
1 26 Chorus Hear us, O Lord Soprano, Alto, Tenor, Bass A tempo giusto 4/4 F major
2 27 Chorus Fallen is the foe Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro moderato 4/4 D minor
2 28 Recitative Victorious hero Israelitish man 4/4
2 29 Air So rapid thy course is Israelitish man Allegro, Adagio (last five bars) 3/8 G major
2 30 Recitative Well may hope our freedom to receive Israelitish man (Soprano) 4/4
2 31 Duet Sion now her head shall raise Israelitish woman,
Israelitish man (Soprano)
Andante 3/4 G major
2 32 Chorus Tune your harps Soprano (1st & 2nd), Alto, Tenor, Bass Andante 3/4 G major
2 33 Recitative O let eternal honours crown his name Israelitish woman 4/4
2 34 Air From mighty kings he took the spoil Israelitish woman Andante, Allegro (fine) 12/8, 4/4 (fine) A major
2 35 Duet Hail, Judea, happy land Israelitish man (Contralto),
Israelitish woman
Allegro 4/4 D major
2 36 Chorus Hail, Judea, happy land Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 4/4 D major
2 37 Recitative Thanks to my brethren Judas Maccabaeus 4/4
2 38 Air How vain is man who boasts in fight Judas Maccabaeus Andante 4/4 F major
2 39 Recitative O Judas! O my brethren Israelitish messenger (Alto) 4/4
2 40 Air Ah! wretched Israel Israelitish woman Largo 3/4 C minor
2 41 Chorus Ah! wretched Israel Soprano, Alto, Tenor, Bass Largo, Adagio (ending) 3/4 C minor
2 42 Recitative Be comforted Simon 4/4
2 43 Air The Lord worketh wonders Simon Allegro 4/4 A minor
2 44 Recitative My arms! against this Gorgias will I go Judas Maccabaeus 4/4
2 45 Air Sound an alarm Judas Maccabaeus Allegro 6/8 D major
2 46 Chorus We hear Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 6/8 D major
2 47 Recitative Enough! to Heaven we leave Simon 4/4
2 48 Air With pious hearts Simon Larghetto 3/4 G minor
2 49 Recitative Ye worshippers of God Israelitish man (Contralto) 4/4
2 50 Air Wise men, flattering, may deceive you Israelitish woman Larghetto 3/4 F major
2 51 Duet O never bow we down Israelitish woman,
Israelitish man (Contralto)
Andante 3/4 C minor
2 52 Chorus We never will bow down Soprano, Alto, Tenor, Bass Andante 3/4 C minor, C major
3 53 Air Father of Heaven Priest Andante larghetto 4/4 F major
3 54 Recitative See, see yon flames Israelitish man (Contralto) 4/4
3 55 Recitative O grant it, Heaven Israelitish woman 4/4
3 56 Air So shall the lute and harp awake Israelitish woman Allegro, Adagio (ending) 4/4 B flat major
3 57 Recitative From Capharsalama Israelitish messenger (Alto),
Israelitish messenger (Bass)
4/4
3 58 Chorus of Youths;
Chorus of Virgins;
Chorus
See the conquering hero comes Soprano (1st & 2nd), Alto;
Soprano (1st & 2nd);
Soprano, Alto, Tenor, Bass
2/2 G major
3 59 March Allegro 2/2 G major
3 60 Solo; Chorus Sing unto God Alto; Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 4/4 D major
3 61 Recitative Sweet flow the strains Judas Maccabaeus 4/4
3 62 Air With honour let desert be crowned Judas Maccabaeus Andante larghetto 4/4 A minor
3 63 Recitative Peace to my countrymen Eupolemus 4/4
3 64 Chorus To our great God Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro 4/4 G minor
3 65 Recitative Again to earth let gratitude descend Israelitish woman 4/4
3 66 Duet O lovely peace Israelitish woman,
Israelitish man (Contralto)
Allegro 6/8 G major
3 67 Air Rejoice, O Judah Simon Andante allegro 4/4 D major
3 68 Chorus Hallelujah, Amen Soprano, Alto, Tenor, Bass Allegro, Adagio (ending) 4/4 D major

脚注[編集]

  1. ^ a b クリストファー・ホグウッド 『ヘンデル』 三澤寿喜訳、東京書籍1991年、362-365頁。ISBN 4487760798
  2. ^ a b 渡部恵一郎 『ヘンデル』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品 15〉、1966年、142-143,190-191。ISBN 4276220157
  3. ^ Eric Levi (1990年). “The Aryanization of Music in Nazi Germany”. The Musical Times 131 (1763): 19-23. JSTOR 965620. 
  4. ^ a b c d e Judas Maccabaeus – G F Handel (1685–1759)”. choirs.org.uk. 2012年12月17日閲覧。
  5. ^ Libretto: Judas Maccabaeus”. Opera. Stanford University (1999年10月20日). 2012年12月17日閲覧。