渡部恵一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡部 恵一郎(わたなべ けいいちろう、1932年3月2日[1] - 2001年12月11日[2])は日本音楽学者鳥取県出身。特にヘンデルを研究。

母校・鳥取県立米子東高等学校の校歌作曲者の一人。東京藝術大学音楽学部楽理科にて、音楽学服部幸三に学んだ。1967年から1969年まで、および1987年にはアレクサンダー・フォン・フンボルト財団の招聘によりドイツおよびイギリスでヘンデル研究に携わる。1972年から桐朋学園大学助教授、教授[3]

1994年以来様々な団体とともにヘンデルの劇作品の企画構成演出に携わり、1998年に日本ヘンデル協会(The Handel Institute Japan)を創設、同協会代表を務めた。

著書[編集]

共編

脚注[編集]

  1. ^ http://americanhandelsociety.org/assets/newsletter/Winter_2003.pdf”. 2018年11月11日閲覧。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『全国大学職員録』1980年