ジョン・ウィリアム・フェントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・ウィリアム・フェントン(John William Fenton、1831年3月12日[1] - 1890年4月28日[2] )は、アイルランドコーク州キンセール生まれのイギリスの軍楽隊員。「君が代」の最初の版を作曲し、また日本最初の吹奏楽団である薩摩バンドを指導したことで知られる。

生涯[編集]

フェントンは13歳で、少年鼓手兵としてイギリス陸軍に入った。1864年、第10連隊第1大隊軍楽隊長。1868年4月、同大隊は横浜のイギリス大使館護衛部隊となった。

1869年9月ごろから日本で初めての吹奏楽の練習として、横浜の本牧山妙香寺薩摩藩の青年を指導したが、薩摩藩からの交渉、依頼がいつから始まったのかは不明である。 イギリスから楽器が届くまでは、調練、信号ラッパ、譜面読み、鼓隊の練習をおこない、明治3年(1870年)7月ベッソン社の楽器が届いた。

ヴィクトリア女王の次男エディンバラ公アルフレッドの来日が決まったとき(1869年8月29日(明治2年7月22日)来日)、多くの日本側関係者に儀礼式典での国歌吹奏を説明したが、当時の日本に国歌の概念がなかった。明治3年、薩摩軍の大山巌らで相談し、薩摩琵琶曲の「蓬莱山」の一節から「君が代」の歌詞を選び、フェントンに渡しました[3]。「君が代」は、もともと「古今和歌集」にあり、通訳の原田宗助が歌っていた『武士(もののふ)の歌』を参考に、当時日本にあった鼓笛隊でも演奏が出来るように『君が代』を作曲した。フェントンの『君が代』は、コラール風で、旋律にはアイルランド臭が感じられるという。しかしエディンバラ公が日本の地を踏んだとき、両国の国歌吹奏が行われたかどうかは不明、省略された可能性もある。1870年9月に東京の深川越中島において、「君が代」が明治天皇の前で薩摩バンドにより初演された[4]

1871年、妻のアニー・マリアが没し、横浜外人墓地に埋葬された[5]。同年イギリス海軍を退役し、兵部省(のち海軍省)水兵本部雇となった。

自身作曲の『君が代』の評判は、日本語の音節と一致せず、奇異に聴こえるといった点から、中村祐庸その他に批判されるなどかんばしいものではなかった。一方、陸軍では海軍と分けられたのちは、フェントン作曲の『君が代』を顧みず、敬礼ラッパ曲『陣営』を礼式曲として用いた。この時点では、正式の、あるいは公式の「国歌」として受け容れられなかったように思われる。フェントン版の「君が代」は、明治9年(1876年)の天長節まで演奏されたが、その後は廃止された[6]

フェントンは1874年から1877年まで、宮内省雇教師をつとめた。1877年にアメリカ人女性のジェーン・ピルキントンと再婚し[5]、イギリスに帰った。その後、1884年に渡米して、カリフォルニア州サンタクルーズに移住した[7]1890年4月28日にサンタクルーズで死去し、4月30日葬儀が行われた。墓はサンタクルーズ・メモリアル墓地にある[7][8]

栄誉[編集]

1989年に妙香寺に「日本吹奏楽発祥の地」の碑が建てられた。同年以降、日本吹奏楽指導者協会の主催によって妙香寺で演奏会を開催している。2008年には演奏会にフェントンの子孫を招いた[7][9]。妙香寺には君が代発祥の地の碑も建てられている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 中村理平『洋楽導入者の軌跡 - 日本近代洋楽史序説』刀水書房、1993年。
  • 秋山紀夫 「ジョン・ウイリアム・フェントンを追って」(社団法人日本吹奏楽指導者協会会報『ウインド・フォーラム』No.90)