ジョン・ウィリアム・フェントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・ウィリアム・フェントン:John William Fenton、1831年3月12日[1] - 1890年4月28日[2] )は、アイルランドコーク州キンセール(Kinsale)生まれのイギリスの軍楽隊員。日本の国歌となった『君が代』の最初の版を作曲し、また日本最初の吹奏楽団である薩摩バンドを指導したことで知られる。

生涯[編集]

出生地はアイルランドであるが、父方の血筋はスコットランド系である[3]。フェントンは13歳で、少年鼓手兵としてイギリス陸軍に入った。中村理平によれば、日本を訪れる前にインドに13年、ジブラルタルおよびマルタに5年弱、ケープ植民地に3年4か月いた[4]1864年、第10連隊第1大隊軍楽隊長。1868年4月、同大隊は横浜のイギリス大使館護衛部隊となり、フェントンは妻のアニー・マリアおよび娘のジェシーとともに横浜に到着した[5]

1869年9月頃から日本で初めての吹奏楽の練習として、横浜の本牧山妙香寺薩摩藩の青年約30人を指導した。薩摩藩からの交渉、依頼がいつから始まったのかは不明である。イギリスから楽器が届くまでは、調練、信号ラッパ、譜面読み、鼓隊の練習を行ない、明治3年(1870年)7月にベッソン社製の楽器が届いた。

ヴィクトリア女王の次男エディンバラ公アルフレッドの来日が決まった時(1869年8月29日(明治2年7月22日)来日)、多くの日本側関係者に儀礼式典での国歌吹奏を説明したが、当時の日本に国歌の概念がなかった。明治3年、薩摩軍の大山巌らで相談し、薩摩琵琶曲の『蓬莱山』の一節から『君が代』の歌詞を選び、フェントンに渡した[6]。『君が代』は、元々『古今和歌集』にあり、通訳の原田宗助が歌っていた『武士(もののふ)の歌』を参考に、当時日本にあった鼓笛隊でも演奏が出来るように『君が代』を作曲した。フェントンの『君が代』は、コラール風で、旋律にはアイルランド臭が感じられるという。しかしエディンバラ公が日本の地を踏んだ時、両国の国歌吹奏が行われたかどうかは不明で、省略された可能性もある。1870年9月に東京の深川越中島において、『君が代』が明治天皇の前で薩摩バンドにより初演された[7]。薩摩藩の楽隊はその直後に帰藩し、実際に吹奏楽を伝習したのは約3か月に過ぎなかった[8]

1871年(明治4年)、妻のアニー・マリアが没し、横浜外国人墓地に埋葬された[9]。同年イギリス陸軍を退役し、日本の兵部省(後の海軍省)水兵本部雇となった。同年薩摩藩の楽隊が再上京して市谷に駐屯した[10]。フェントンの月給はそれまでの約26ドルから洋銀200ドルに増えた[11][12]。同年8月に兵部省が陸軍部と海軍部に分かれ、軍楽隊も2つに分けられたが、うち海軍部は引き続きフェントンが指導した。海軍軍楽隊隊員として徴募された40名は本隊11名と鼓隊29名から構成されるが、そのほとんどが鹿児島県人であり、とくに本隊の11名はすべて旧薩摩藩軍楽伝習生だった[13]

自身作曲の『君が代』の評判は、日本語の音節と一致せず、奇異に聴こえるといった点から、中村祐庸その他に批判されるなど芳しいものではなかった。一方、陸軍では海軍と分けられた後は、フェントン作曲の『君が代』を顧みず、敬礼ラッパ曲『陣営』を礼式曲として用いた。この時点では、正式の、あるいは公式の「国歌」として受け容れられなかったように思われる。フェントン版の『君が代』は、明治9年(1876年)の天長節まで演奏されたが、その後は廃止された[14]

フェントンは1874年から1877年まで、宮内省雇教師を務めた。1877年にアメリカ人女性のジェーン・ピルキントンと再婚し[9]、イギリスに帰った。その後、1884年に渡米して、カリフォルニア州サンタクルーズに移住した[15]1890年4月28日にサンタクルーズで死去し、4月30日に葬儀が行われた。墓はサンタクルーズ・メモリアル墓地にある[15][16]

栄誉[編集]

1989年、妙香寺に「日本吹奏楽発祥の地」の碑が建てられた。同年以降、日本吹奏楽指導者協会の主催によって妙香寺で演奏会を開催している。2008年には演奏会にフェントンの子孫を招いた[15][17]。妙香寺には「君が代発祥の地」の碑も建てられている。

脚注[編集]

  1. ^ これまで中村理平の著書では1828年生まれとされていたが、これは推測であり誤り。
  2. ^ 1890年4月30日死去という文献もあるが、誤り。2008年8月秋山紀夫らによる現地調査により、墓石も確認している。
  3. ^ 今村朗:元祖「君が代」作曲者に光◇英軍楽隊長の足跡と雅楽調への改訂過程を追う◇『日本経済新聞』朝刊2017年12月4日(文化面)
  4. ^ 中村(1993) pp.117-124
  5. ^ 中村(1993) p.67
  6. ^ 日本吹奏楽の始まりと薩摩 - 鹿児島市明治維新150年カウントダウン事業
  7. ^ 『日本吹奏楽発祥の地:吹奏楽事始め』 妙香寺http://myokohji.jp/brass.html 
  8. ^ 塚原(1993) p.161
  9. ^ a b Colin Joyce; Julian Ryall (2008-10-14), British soldier who wrote Japanese national anthem honoured, The Telegraph, http://www.telegraph.co.uk/news/3192637/British-soldier-who-wrote-Japanese-national-anthem-honoured.html 
  10. ^ 塚原(1993) p.161
  11. ^ 中村(1993) p.88
  12. ^ 塚原(1993) p.190
  13. ^ 塚原(1993) pp.165-166
  14. ^ 君が代発祥の地, 妙香寺, http://myokohji.jp/kimigayo.html 
  15. ^ a b c Alia Wilson (2008-09-02), Composer of first Japanese national anthem traced to Santa Cruz, Santa Cruz Sentinel, http://www.santacruzsentinel.com/article/ZZ/20080902/NEWS/809029873 
  16. ^ John William Fenton, Find A Grave, http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=25179978 
  17. ^ 『社団法人 日本吹奏楽指導者協会(JBA)平成21年度 事業報告』、2010年、6頁http://www.jba-honbu.or.jp/jigyou21-2.pdf 

参考文献[編集]

  • 秋山紀夫 「ジョン・ウイリアム・フェントンを追って」(社団法人日本吹奏楽指導者協会会報『ウインド・フォーラム』No.90)
  • 塚原康子『十九世紀の日本における西洋音楽の受容』多賀出版、1993年。ISBN 4811532317
  • 中村理平『洋楽導入者の軌跡 - 日本近代洋楽史序説』刀水書房、1993年。ISBN 4887081464