モートン波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モートン波(モートンは、Moreton wave)は、太陽彩層に表れる大規模なコロナ衝撃波である。太陽フレアによって発生し、太陽の「津波」と表現される。 ロッキード・マーティン太陽宇宙物理学研究所に勤め、1959年にこの現象を発見したアメリカ合衆国の天文学者ゲイル・モートンにちなんで名付けられた[1][2][3][4]。彼は、彩層のバルマー系列の光の低速度撮影をしていてこれを発見した。

モートン波は500から1,500km/sの速度で伝播し、内田豊の有名な理論に従い、彩層を横切って磁気流体力学の速く弱い衝撃波を伝える。モートン波は主にHα帯で観測される[5]

出典[編集]

  1. ^ Moreton, G. E., Hα Observations of Flare-Initiated Disturbances with Velocities ~1000 km/sec.. Astronomical Journal, Vol. 65, p. 494. (1960) [1]
  2. ^ Moreton, G. E. & Ramsey, H. E., Recent Observations of Dynamical Phenomena Associated with Solar Flares. Publications of the Astronomical Society of the Pacific, Vol. 72, No. 428, p.357 (October, 1960).[2]
  3. ^ R. Grant Athay, Gail E. Moreton, Impulsive Phenomena of the Solar Atmosphere. I. Some Optical Events Associated with Flares Showing Explosive Phase.. Astrophysical Journal, 1961. - Full paper. For more Moreton articles see link: [3]
  4. ^ Google Answers, Biographical info on Gail E. Moreton. Moreton b. 27 Jun 1930 d. Oct. 1982.
  5. ^ N. Narukage, et al. (2004). “Moreton waves observed at Hida Observatory” (PDF). Proceedings IAU Symposium 2004 (223): 367-370. doi:10.1017/S1743921304006143. http://journals.cambridge.org/production/action/cjoGetFulltext?fulltextid=288483 2006年12月11日閲覧。.