白斑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白斑(はくはん)とは、太陽光球面に見られる白い模様。 太陽の縁に近い部分に、もやもやとした白い(明るい)模様として観測される。 黒点に対して白斑と呼ばれるが、黒点ほどはっきりとした構造ではない。 周期性もなく、常に存在する。 明るく見えるのは、周囲よりも温度が高いためであり、太陽に磁場が存在することの証拠の一つとされている。