太陽のシンボル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太陽のシンボル: solar symbol)は、太陽シンボルとした記号紋様。太陽のシンボルは多くの神話宗教神秘主義占い記号紋章旗章などで使われている。

[編集]

単純な円[編集]

日本の国旗

単純な円または円板は太陽のシンボルとしても使用される。日本の国旗バングラデシュの国旗の他、オーストラリアのアボリジニの旗Trundholm sun chariotなどにも使用されている。

円と点[編集]

円と点

円の中央に点(ドット)を持つ円は古代の太陽のシンボルとして使われた。文字ではUnicodeの U+2609 ☉ や U+2299 ⊙ がある。太陽の天文学のシンボル惑星記号)でもある。古代エジプトヒエログリフでは太陽やラーを表す。初期の中国漢字では「太陽」や「日」を表したが、後に「日」の漢字となった。太陽以外の意味はCircled dotを参照。

太陽十字[編集]

太陽十字

太陽十字または太陽車輪。しばしば四季や熱帯の年を表し、後に地球を表す天文学のシンボルとなった。

二重の太陽十字[編集]

太陽十字

太陽十字の1種で8本のスポークを持つ。

卍(まんじ)[編集]

卍(まんじ)

卍(まんじ)は太陽十字からも派生したが、ヒンドゥー教仏教ナチスなどで太陽以外を含めた複数の意味を持つ[1]

8つの角を持つ星[編集]

8つの角を持つ星

8つの角を持つ星は、いくつかの国で太陽を意味する。ロシアUdmurtiaMordoviaMari Elや、Chuvashiaや、似た意味を持つイラクの旗(1959-1963年)など。

三脚巴[編集]

三脚巴

三重渦巻または三脚巴のいくつかは、太陽のシンボルと考えられている。イングーシ共和国の旗はこの意味である。

ロゼット[編集]

ロゼット

ロゼットは植物の装飾図案の他に、スラヴやハンガリーの太陽のシンボルとされている。またスペインカスティーリャ・レオン州の伝統芸術や古代の装飾様式としても広く知られている[2] [3] [4]アストゥリアス州では伝統的シンボルであったが、現在はアストゥリアスの民族主義運動のシンボルの1つとしても使われている[2]

太陽円[編集]

"Svantevit"

太陽円 (Sun Circle) は、スラヴの太陽のシンボルとしてZbruch Idolで使われている。

輝く太陽[編集]

Jesuit emblem with solar symbolism

ギザギザや波打った光線を発する図案の円は、太陽のシンボルや表現として広く使用されている。最少でも4本の直線または波打つ光線を持つ(例えば古代メソポタミアシャマシュに描かれた太陽王)が、更に多い場合もある。イエズス会の紋章(左記)の他、ウルグアイの国旗キリバスの国旗アルゼンチンの国旗の複数バージョン、アイルランド防衛軍の帽章1959-1965年のイラク軍の紋章などがある。

中華民国の国旗ネパールの国旗では直線の(三角の)光線のみが描かれているが、キルギスの国旗では曲線の光線のみが描かれている。フィリピンの国旗では3本でグループとなった発散する光が描かれている。日本海軍の旭日旗マケドニア共和国の国旗チベットの旗アリゾナ州の旗の上部では、単純な放射状の線で2色に分けられている。

参照[編集]

  1. ^ Heraldry: Sources, Symbols, and Meaning by Ottfried Neubecker, p. 142 (New York: McGraw-Hill, 1976).
  2. ^ [1] - Use of the six-petal rosette symbol by the Asturian nationalist party Andecha Astur.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]