プラージュ (天文学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラージュ(Plage)は、太陽彩層の明るい領域である。通常、黒点の近くに見られる。Plageという用語は、フランス語で「海辺」を意味する言葉に由来する。プラージュの領域のマップは白斑と近いが、後者は空間的な大きさがより小さい。白斑は、太陽定数への強い影響を持ち、より検出しやすいプラージュは、伝統的にこの影響のモニターに用いられてきた。

白斑は、光球の厳密な「ホットウォール」モデルで説明されてきたため[1]、プラージュと白斑の真の物理的な関係は分かっていない。

出典[編集]

  1. ^ Topka, K. P.; Tarbell, T. D.; Title, A. M. (1997). “Properties of the Smallest Solar Magnetic Elements. II. Observations versus Hot Wall Models of Faculae”. Astrophysical Journal 484 (1): 479–486. Bibcode 1997ApJ...484..479T. doi:10.1086/304295. 

外部リンク[編集]