メアリ・H・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メアリ・ヒギンズ・クラーク
MaryHigginsClark.jpg
誕生 (1927-12-24) 1927年12月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死没 (2020-01-31) 2020年1月31日(92歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1975年 - 2020年
主題 推理小説
子供 キャロル・ヒギンズ・クラーク
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

メアリ・ヒギンズ・クラーク英語: Mary Higgins Clark, 1927年12月24日[1] - 2020年1月31日[2][3])は、アメリカニューヨーク在住の小説家。「サスペンスの女王」として知られる[2]

生涯[編集]

ニューヨークで、アイルランド系の家庭に生まれた[1]。11歳で父親と死別し、家計を助けるため15歳から働き始める[2]秘書スチュワーデスとして働いた後、結婚を機会に執筆の道に入る。キャロル・H・クラークは実の娘[3]

その作品の多くは、精神的なトラウマを持つ女性がそれを克服するというモチーフによる。視覚的な表現が巧みであり、映画のようだと評されることもある。

2020年1月31日、フロリダ州老衰のため死去。92歳没[3]

作品[編集]

  • 『子供たちはどこにいる』 (Where Are The Children? 1975年)深町真理子訳. 河出書房新社, 1977 新潮文庫、1980 
  • 『誰かが見ている』 (A Stranger is Watching 1977年)
  • 『揺りかごが落ちる』 (The Cradle Will Fall 1980年) 深町真理子訳. 新潮文庫 1981
  • 『永遠の闇に眠れ』 (A Cry in the Night 1982年)山本瑠美子訳. 角川文庫 1986
  • 『暗夜に過去がよみがえる』 (Stillwatch 1984年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1989
  • 『いまは涙を忘れて』 (Weep No More, My Lady 1987年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1993
  • 『愛しいひとの眠る間に』 (While My Pretty One Sleeps 1989年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1990
  • 『アナスタシア・シンドローム』 (The Anastasia Syndrome and other Stories 1989年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1993
  • 『ダンスシューズが死を招く』 (Loves Music, Loves to Dance 1991年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1996
  • 『オルゴールの鳴る部屋で』 (All around the town 1992年)宇佐川晶子訳. 新潮文庫 1996.
  • 『あなたに会いたくて』 (I'll Be Seeing You 1993年)宇佐川晶子訳. 新潮文庫 1997
  • 『リメンバー・ハウスの闇のなかで』 (Remember Me 1994年)宇佐川晶子訳. 新潮文庫 1999
  • (The Lottery Winner 1994年)
  • 『恋人と呼ばせて』 (Let me call you Sweetheart 1995年)深町真理子訳. 新潮文庫 1999
  • 『追跡のクリスマスイヴ』 (Silent Night 1995年)深町真理子 訳. 新潮文庫 1996
  • 『月夜に墓地でベルが鳴る』 (Moonlight Becomes You 1996年))宇佐川晶子 訳. 新潮文庫 2001
  • (My Gal Sunday: Henry and Sunday Stories 1996年)
  • 『見ないふりして』 (Pretend You Don't See Her 1997年)深町眞理子, 安原和見訳. 新潮文庫 2002
  • 『君ハ僕ノモノ』 (You Belong To Me 1998年)宇佐川晶子 訳. 新潮文庫 2002
  • 『小さな星の奇蹟』 (All Through the Night 1998年)
  • 『殺したのは私』 (We'll meet again 1999年)深町眞理子, 安原和見訳. 新潮文庫 2002
  • 『さよならを言う前に』 (Before I Say Good-Bye 2000年)宇佐川晶子訳. 新潮文庫 2003
  • 『誘拐犯はそこにいる』 (Deck the Halls 2000年、娘キャロル・H.クラークとの共著)宇佐川晶子訳. 新潮文庫 2003
  • (He sees you, when you are sleeping 2001年)
  • (On the Street Where You Live 2001年)
  • 『魔が解き放たれる夜に』 (Daddy's little girl 2002年)安原和見 訳. 新潮文庫 2004
  • 『消えたニック・スペンサー』 (The Second Time Around 2003年)宇佐川晶子 訳. 新潮文庫 2005.
  • 『20年目のクラスメート』 (Nighttime is my Time 2004年)宇佐川晶子 訳. 新潮文庫 2006
  • (The Christmas Thief 2004年、娘キャロルとの共作)
  • (No Place Like Home 2005年)
  • (Two Little Girls in Blue 2006年)
  • (I Heard that Song Before 2007年)
  • (Kitchen Privileges (Memoirs) 2007年)
  • (Santa Cruise 2007年、娘キャロルとの共作)
  • (Where are you now? 2008年)
  • (Dashing through the snow 2008年、娘キャロルとの共作)
  • (Just Take My Heart 2009年)
  • (The Shadow of Your Smile 2010年)
  • (I'll walk alone 2011年)
  • (Daddy's Gone A Hunting 2013年)

映画化作品[編集]

  • 『誰かが見ている』1982年
  • 『子供たちはどこにいる』 1986年
  • 『殺したのは私』 2002年

受賞歴[編集]

  • Grand Prix de Literature Policier 1980
  • Gold Medal of Honor, American-Irish Historical Society 1993年
  • Spirit of Achievement Award, Albert Einstein College of Medicine of Yeshiva University 1994年
  • Gold Medal in Education, National Arts Club 1994年
  • Horatio Alger Award 1997年
  • Deauville Film Festival Literary Award 1998年
  • Outstanding Mother of the Year 1998年
  • Catholic Big Sisters Distinguished Service Award 1998年
  • Bronx Legend Award 1999年
  • Graymoor Award, Franciscan Friars 1999年
  • MWA賞 2000年
  • Ellis Island Medal of Honor 2001年
  • Passionists' Ethics in Literature Award 2002年
  • Christopher Life Achievement Award 2003年
  • アガサ賞 2010年

脚注[編集]

  1. ^ a b 現代外国人名録2016『メアリ・ヒギンズ クラーク』 - コトバンク
  2. ^ a b c 「サスペンスの女王」米作家メアリ・ヒギンズ・クラーク氏死去、92歳”. AFPBB news. フランス通信社 (2020年2月1日). 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ a b c 米サスペンス小説の女王、M・H・クラークさん死去”. 産経ニュース . 産経新聞社 (2020年2月1日). 2020年2月1日閲覧。