マーク・ライデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・ライデル
Mark Rydell
Mark Rydell
2008年撮影
生年月日 (1934-03-23) 1934年3月23日(83歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗アメリカニューヨーク州
民族 ユダヤ系アメリカ人
ジャンル 映画監督
俳優
プロデューサー
活動期間 1954年 - 現在
配偶者 Joanne Linville (1962年-1979年)

マーク・ライデルMark Rydell1934年3月23日 - )は、アメリカ合衆国映画監督俳優プロデューサーである。

来歴[編集]

1934年ニューヨーク市に生まれる。俳優として1950年代初頭から活動を始め、1956年に『暴力の季節』(ドン・シーゲル監督)で映画デビュー。1962年からは、テレビドラマのディレクターを務め才能を発揮し始める。しばらくはテレビシリーズ(「ミスター・ノバック」「ベン・ケーシー」「アイスパイ」「逃亡者」)の1エピソードを監督し、1967年に製作された『女狐 The Fox』で映画監督デビュー。それからは俳優業からしばらく遠のき、監督業に専念。彼の作品にはスティーヴ・マックイーンジョン・ウェインヘンリー・フォンダキャサリン・ヘプバーンなど錚々たる顔ぶれが出演している。1981年に監督した『黄昏』は、見事10部門でアカデミー賞にノミネートされ、ライデル自身もアカデミー監督賞にノミネートされた。監督賞の受賞は逃したが、同作品は主演男優賞、主演女優賞、脚色賞を受賞している。近年では俳優業を再開して、自身の作品や、ウディ・アレン監督のコメディさよなら、さよならハリウッド』などに出演した。

訪日[編集]

名だたる俳優たちを輩出した俳優養成所のアクターズ・スタジオでは芸術監督を務めており、2008年のモントリオール世界映画祭では審査委員長を務めた。そのこともあり、2008年の9月には緊急訪日し、別所哲也J-WAVEのラジオ番組『J-WAVE GOOD MORNING TOKYO』に生出演したり、多くの俳優志願者や学生たちを前に青山学院大学の講堂で公開授業を行った。そしてモントリオール映画祭においてグランプリを獲得した日本映画『おくりびと』で監督を務めた滝田洋二郎との対談も実現した。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

  • Justice (1955)
  • 裸の町 Naked City  (1959)
  • As The World Turns (1959~1962)
  • 拳銃無宿 Wanted:Dead or Alive  (1960)
  • DEAN/ディーン James Dean (2001) ※WB映画会社社長ジャック・L・ワーナーの役

映画[編集]

監督作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]