マンダルヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mandaluyong
高度都市化市
City of Mandaluyong
愛称: 
買い物の首都
千年の都市
マニラ首都圏の金の心臓
虎の都市
標語: 
Sulong Mandaluyong!
(向上するマンダルヨン!)
Anthem: マンダルヨン行進曲
マニラ首都圏内のマンダルヨンの位置
マニラ首都圏内のマンダルヨンの位置
フィリピンの旗 フィリピン
地方 マニラ首都圏
地区 マンダルヨン単独市
設立 1907年3月27日
市制 1994年4月10日
バランガイ
行政
 • 市長 Benjamin Abalos, Jr(湖CMD)
 • 副市長 Edward Bartolome(自由党)
 • 代表 Neptali M. Gonzales, Jr.(自由党)
 • Sangguniang Panlungsod
面積
 • 合計 11.25km2
最高標高
67m
人口
(2015年国勢調査)[3]
 • 合計 386,276人
族称 Mandaleño
等時帯 UTC+8 (PST)
Zip code
1550–1556
Dialing code (+63) 2
ウェブサイト www.mandaluyong.gov.ph

マンダルヨンフィリピンルソン島マニラ首都圏の都市である。en:Ortigas Centerとして知られる商業・業務地区に含まれる。

が立地する。 西にマニラ、北にサンフアン、北東にケソン、東にパシッグ、南にマカティと接する。2010年時点で人口は約32.9万人だった。 [3] 面積は11.25km2である。

歴史[編集]

[4]

14世紀[編集]

マンダルヨンの住民は男性が服を洗濯し、女性がアイロンをかける産業でよく知られている。彼らの祖先はマジャパヒト王国のソレダン王と、ナマヤン王国の女帝で、息子のバラグタス王子が1300年頃国を統治したササバン王妃と言われている。

1470年頃、ラカン・タカン王の時代にナマヤン王国は版図を拡大した。現在のマニラ市・サンフアン・マカティパサイパテロスタギッグパラニャーケパシッグの一部・ケソン市の一部を支配した。

19世紀[編集]

マンダルヨンが初めて西洋人に知られた時、トンド州のパコ地区のサンタ・アナ・デ・サパのバリオだった。ローマの出資者に因んで聖フェリペ・ネリと名付けられ、1841年にサンタ・アナ・デ・サパから法律上分離された。

1863年9月15日、聖フェリペ・ネリ教区が設置された。

1896年1898年の革命の中で、この教区はカティプナン(独立を目指す秘密組織)に人を入れる中継役を担った。1896年8月28日、カティプナンのアンドレス・ボニファシオはマンダルヨンの住居で決意表明し、翌29日、マニラを攻撃した。8月30日、聖フェリペ・ネリでの革命を成功させたカティプナンは、サンフアンで武器を増やす為に火薬貯蔵庫を攻撃した。この出来事はサンフアンの戦いと呼ばれている。9月15日、この町で革命新聞の「La Republika」が発行された。

20世紀[編集]

アメリカ植民地時代、聖フェリペ・ネリは市に昇格した。後にサンフアンと合併し政府庁舎が置かれる。1904年の数か月の間、聖フェリペ・ネリはリサール州の州都だった。

1907年3月27日、サン・フェリペ・ネリはサンフアンから分離し独立市になった。この時マンダルヨンに改名された。

第二次世界大戦中、マンダルヨンで多くの住民が亡くなり、施設が破壊された。しかし、1945年2月9日のアメリカ再占領によってそれ以上の破壊は無くなった。再占領された日はマンダルヨン市民にとって祝日になっている。

戦後、マンダルヨンの経済は劇的に発展し始めた。1950年代~60年代に、多くの社会基盤や会社が発展し、リサール州で元雄も発展した都市と認識された。

1975年11月7日、マンダルヨンはリサール州から分離され新設されたマニラ首都圏に組み込まれた。 [5] signed by President Ferdinand Marcos.

1994年4月10日、マンダルヨンはマニラ首都圏で5番目の市になった。

気候[編集]

マンダルヨンは熱帯気候で、ケッペンの気候区分ではAwに該当する。年間平均気温は27.2℃で、年間平均降水量は2093mmである。2月に降水量は平均8mmで最低となり、8月に最高の448mmになる。5月に平均気温は29.2℃で最高となり、1月に25.5℃で最低になる。

Mandaluyongの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 29.7
(85.5)
30.5
(86.9)
32.1
(89.8)
33.7
(92.7)
33.8
(92.8)
32.3
(90.1)
31.1
(88)
30.6
(87.1)
30.7
(87.3)
30.9
(87.6)
30.4
(86.7)
29.7
(85.5)
31.29
(88.33)
日平均気温 °C (°F) 25.5
(77.9)
25.9
(78.6)
27.2
(81)
28.7
(83.7)
29.2
(84.6)
28.4
(83.1)
27.6
(81.7)
27.3
(81.1)
27.2
(81)
27.2
(81)
26.7
(80.1)
25.9
(78.6)
27.23
(81.03)
平均最低気温 °C (°F) 21.3
(70.3)
21.4
(70.5)
22.4
(72.3)
23.8
(74.8)
24.7
(76.5)
24.5
(76.1)
24.1
(75.4)
24.0
(75.2)
23.8
(74.8)
23.5
(74.3)
23.0
(73.4)
22.1
(71.8)
23.22
(73.78)
降水量 mm (inch) 13.5
(0.531)
7.3
(0.287)
21.4
(0.843)
18.7
(0.736)
138.6
(5.457)
283.8
(11.173)
364.1
(14.335)
476.3
(18.752)
334.1
(13.154)
200.5
(7.894)
111.4
(4.386)
56.0
(2.205)
2,025.7
(79.753)
平均降雨日数 (≥ 0.10 mm) 4 2 3 3 10 16 22 22 20 18 14 9 143
湿度 72 73 66 64 68 76 80 83 81 78 76 75 74.3
平均月間日照時間 176.7 197.8 225.8 258.0 222.7 162.0 132.8 132.8 132.0 157.6 153.0 151.9 2,103.1
日照率 51 61 61 70 57 42 34 34 36 44 45 44 48
出典 1: Climate-Data.org (Temperature)[6]
出典 2: Climatemps.com (Sunshine)[7]

交通[編集]

有数の大通りであるen:Shaw Boulevard通り

飛行機[編集]

ニノイ・アキノ国際空港から36分かかる。

自動車[編集]

マニラ首都圏の中央に有り、都市間・都市内共に高品質の道路が整備されている。

船舶[編集]

マンダルヨン市南端を通るパシッグ川は貨物輸送に利用される。また、パシッグマニラへの通勤にも利用される。 [8] The Pasig River Ferry Service has one station in the city.

鉄道[編集]

Epifanio de los Santos通りに並行するマニラ・メトロレール3号線が利用出来る。駅は3つ有る。

国際関係[編集]

大使館[編集]

マンダルヨンには以下の5ヶ国の大使館が有る。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cities”. Quezon City, Philippines: Department of the Interior and Local Government. 2013年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月30日閲覧。
  2. ^ City of Mandaluyong : Introduction : Land Area”. www.mandaluyong.gov.ph. City of Mandaluyong. 2015年12月28日閲覧。
  3. ^ a b Total Population by Province, City, Municipality and Barangay: as of May 1, 2010”. 2010 Census of Population and Housing. National Statistics Office. 2012年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月30日閲覧。
  4. ^ http://mandaluyong.gov.ph/profile/history.aspx?node=1
  5. ^ "http://www.gov.ph/1975/11/07/presidential-decree-no-824-s-1975/"
  6. ^ CLIMATE: MANDALUYONG, CLIMATE TABLE”. Climate-Data.org. 2015年9月22日閲覧。
  7. ^ Manila, Luzon Climate & Temperature”. Climatemps.com. 2015年9月22日閲覧。
  8. ^ Transportation”. City Government of Mandaluyong. 2014年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]