ユーティリティープレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユーティリティープレイヤー(Utility Player、UT)は、スポーツ、特に球技において、1人でいくつものポジションをこなす選手を指す言葉である。サッカーにおいてはポリバレントと言う表現を使う場合もあるが[1][リンク切れ]、ポリバレント(polyvaent)は本来、化学で多価を意味するが、イビチャ・オシムが代表選手の選考基準に用いたことで認知されるようになったもので、一般的な表現ではない[2]

概要[編集]

レギュラー選手の故障や、長期連戦途中の休養による穴を埋める役目を果たすことができるため重宝される。

野球においてのユーティリティープレイヤー[編集]

野球では、主にバッテリー以外の複数ポジションを守ることができる選手を指す傾向にある。日本では内外野問わず、2つ以上のポジションを守れる選手を指すことが多いが、MLBでは内野手外野手の両方を守ることができる選手を指す。内野のみで複数のポジションを守れる選手は、ユーティリティ・インフィールダー(Utility Infielder 略称:UI)と呼ばれ、ユーティリティープレイヤー(略称:UT)とは分けられて表記されている[3]

NPB[編集]

現役選手[編集]

などが該当。ここに挙げた選手の多くは守備固めで出場することが多いが、栗原、外崎、鈴木など打力のある選手は複数のポジションで併用されながらレギュラーとして起用されている。特に鈴木は異なるポジションでベストナイン3度(2013年:遊撃手、2016年、2020年:三塁手)ゴールデングラブ賞2度(2017年:二塁手、2020年:三塁手)受賞している。

歴代選手[編集]
  • 渡辺直人 (楽天→横浜→西武→楽天、内野の全て)
  • 木村拓也(日本ハム→広島→巨人、投手以外の全て)
  • 元木大介(巨人、内野の全て及び左翼手)
  • 万永貴司(横浜、内野の全て)
  • 秀太(阪神、内野の全て)
  • 今成亮太(日本ハム→阪神、捕手、三塁手、二塁手、一塁手、左翼手、右翼手)
  • 飯山裕志(日本ハム、内野の全て)
  • 平野恵一(オリックス→阪神→オリックス、一塁手を除く内野の全て及び外野)
  • 森野将彦(中日、内野の全て及び外野)
  • 古城茂幸(日本ハム→巨人、内野の全て)
  • 藤井亮太(ヤクルト、投手以外の全て)
  • 脇谷亮太(巨人→西武→巨人、内野の全て及び外野)
  • 三輪正義(ヤクルト、投手以外の全て)
  • 木村昇吾(横浜→広島→西武、内野の全て)
  • 高橋博士(南海→東映・日拓ホーム・日本ハム→ロッテ 投手を含む全て)
  • 五十嵐章人(ロッテ→オリックス→近鉄 投手を含む全て)
  • 中井大介(遊撃手を除く内野の全て及び外野)

日本プロ野球では、これまでに高橋・五十嵐の2名が投手を含めた9ポジションでの出場を達成している。

過去のプロ野球では投手と野手を兼任する選手も少なくなく、投手でノーヒットノーランを達成し、野手でも首位打者を達成して野球殿堂入りを果たした西沢道夫呉昌征、投手と外野手の両方でオールスターゲーム・ファン投票選出された関根潤三規定投球回に到達した投手が後年外野手に転向し規定打席に到達した畠山準などの例がある。現在では大谷翔平が投手と野手を兼任している(登録は投手)。なお、投手と野手(特に打者を指す)を掛け持ちする選手は、二刀流と呼ばれる傾向にある。

またユーティリティープレイヤーとは異なるが、落合博満小久保裕紀立浪和義らはチーム事情や年齢に合わせて守備位置を変更し複数ポジションでベストナインを受賞した。

メジャーリーグではユーティリティープレイヤーでありながら試合毎に守備位置を変えながらレギュラーとして活躍する選手が少なくない(代表的な事例ではショーン・フィギンズライアン・フリールビル・ホール、現役選手ではベン・ゾブリストダニー・バレンシアエドゥアルド・ヌニェスクリス・テイラーマーウィン・ゴンザレスダニエル・デスカルソなど)。日本プロ野球に比べて、移籍やマイナーリーグへの降格、レギュラー選手の休養などでチームのメンバーが大きく代わってしまうことが多いこと、あるいは打者よりもリリーフ投手にベンチ入りの枠を多く割り当てることが少なくないメジャーリーグにおいては、日本以上に重宝される傾向が強い。

バスケットボールにおいてのユーティリティープレイヤー[編集]

バスケットボールにおいては試合中に複数のポジションを行き来する選手を示す用語として、トゥイナー(Tweener;betweenからの派生語)、あるいは、ユーティリティープレイヤーがあり、コンボガード[6]スウィングマン[7]ポイントフォワード[8]フォワードセンター[9]などカバーするポジションによって呼び名がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ポリバレントとサッカーで使う時の意味とは?中島翔哉の日本代表落選理由を調査!”. eitokun (2018年5月18日). 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ polyvalent”. アルク (2021年10月2日). 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 『Baseball Reference.com』のteamsなどを参照。http://www.baseball-reference.com/
  4. ^ ソフトバンクを優勝に導いた「組み合わせの妙」。工藤監督が異例のシーズンで見せた采配術とは?”. THE DIGEST. 2021年8月3日閲覧。
  5. ^ ソフトバンク栗原陵矢“五刀流”で持ち味発揮「普段からグラブ4種類」”. 日刊スポーツ. 2021年8月3日閲覧。
  6. ^ A Combo Guard Is...”. scout.com (2005年9月15日). 2015年10月30日閲覧。
  7. ^ Basketball U on Swingmen” (2003年10月8日). 2015年10月30日閲覧。
  8. ^ Analysts say point forwards are few and far between”. webcitation.org (2012年7月20日). 2014年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月30日閲覧。
  9. ^ Era of the postmodern big man” (2012年3月22日). 2015年10月30日閲覧。

関連項目[編集]