マヤ地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マヤ地域マヤ文明の繁栄したメキシコ南東部、ユカタン半島グアテマラホンジュラス西端部(モタグァ川流域)、エルサルバドル西端部を指す。

主として南部地域(チャパス州、グアテマラ高地、太平洋岸)、中部地域(グアテマラ・ペテン低地など)、北部地域(ユカタン半島北部)に分けられる。

南部地域は、4000mを超える山々がそびえる高度1000~2000mの高地から太平洋岸までの地域である。高地の気候は温暖であり、海岸地方へ向かうにつれて高度差のために急激に暑くなる。この地域は無数の河川が太平洋に注ぎ、土地は肥沃である。チャパ・デ・コルソイサパカミナルフューエル・バウルアバフ・タカリクなど主としてイサパ文化からの古い石碑を伴う遺跡が見られるのがこの地域である。

中部地域は、グアテマラ・ペテン低地、チャパス州北部の一部、タバスコ州の低地、ホンジュラス西端部(モタグァ川流域)を含む地域で、高温多湿で降水量が多い熱帯雨林のジャングル地帯が広がる。形成期後期(先古典期後期)には、エル・ミラドールの大都市遺跡が繁栄し、古典期(A.D.300~900)にはティカルカラクムルなどの大遺跡が繁栄して覇権を争い、巨大な階段式基壇を伴うピラミッド神殿が築かれ、王朝の歴史を表す石碑が盛んに刻まれた、マヤ文明の代名詞のような地域である。

北部地域は、降雨量の少ない乾燥した気候であるうえ、石灰岩地盤の広がるこの地域では地上に水が残ることが少なく、川がほとんどない。そのため、セノーテと呼ばれる泉がほとんど唯一の水源となっている。古典期後期(A.D.600~900)からウシュマルチチェン・イッツアなどにプウク式の壁面装飾が美しい建物が多く築かれたのがこの地域である。後古典期(A.D.900~1524)には、マヤパンが交易で繁栄した。

関連項目[編集]