アカミノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカミノキ
Haematoxylum campechianum Ypey69.jpg
アカミノキ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae
: アカミノキ属 Haematoxylum
: アカミノキ Haematoxylum campechianum
学名
Haematoxylum campechianum
和名
アカミノキ
英名
Logwood

アカミノキ(英名:"Logwood"、学名:Haematoxylum campechianum)は、マメ科ジャケツイバラ亜科[1]の落葉低木である。属名のHaematoxylumギリシャ語で「血の木」という意味を持つ。別名としてログウッドブラッドウッドと呼ばれる。

特徴[編集]

原産はメキシコ及び中米の北部で[2]、樹高は3-10m、黄色の総状花序につく。

利用[編集]

樹液染料としてマヤ族が伝統的に利用し、その安全性によって現在も布や紙の染色に広く使用されている[3]。色素の成分はヘマトキシリンで、組み合わせる媒染剤PHによって発色が異なる。酸性が強いと赤、アルカリ性だと青くなる。

樹皮には様々な薬効成分が含まれており、研究が進んでいる。

17世紀ベリーズではイギリスによってこの木の出荷が行われた歴史もある。

その他[編集]

メキシコカンペチェ州の一部の川に天然のアカミノキの色素が溶け込み、真っ赤に染め上げている。この川はメキシコ湾に直接流れ出している為、狭く穏やかなバサースト湾のような特殊な生態を生み出すまでにはなっていない。せいぜい海岸近くの海をトリコロールに色分けする程度である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クロンキスト体系ではジャケツイバラ科とする。
  2. ^ Haematoxylum campechianum,Germplasm Resources Information Network, United States Department of Agriculture, 2009-01-27
  3. ^ http://www.ischool.utexas.edu/~cochinea/pdfs/e-hammeke-04-logwood.pdf%7CErin Hammeke, Logwood Dye on Paper

外部リンク[編集]