コクガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コクガン
コクガン
ネズミガン Branta bernicla bernicla
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
亜目 : カモ亜目 Anseres
: カモ科 Anatidae
: コクガン属 Branta
: コクガン B. bernicla
学名
Branta bernicla (Linnaeus, 1758)
和名
コクガン
英名
Brant
Brent goose
Branta bernicla

コクガン (黒雁[1]Branta bernicla) は、カモ目カモ科コクガン属に分類される鳥類

分布[編集]

  • B. b. bernicla ネズミガン

シベリア西部などで繁殖し、ヨーロッパイギリスへ渡り越冬する[2][3][4]

  • B. b. hrota シロハラネズミガン

カナダ東部、グリーンランドで繁殖し、冬季になると北アメリカ大陸東部、イギリスへ南下して越冬する[3][4]

  • B. b. nigricans クロネズミガン

シベリア極東部、カナダ西部およびアメリカ合衆国アラスカ州で繁殖し、冬季になると北アメリカ大陸西部へ南下して越冬する[3][4]

  • B. b. orientalis コクガン

シベリア東部で繁殖し、朝鮮半島南部、日本(主に東北地方以北)、中華人民共和国渤海沿岸部へ南下して越冬する[3][4][5][a 2]。。日本の伊豆沼・内沼環境保全財団などはGPSに対応したバイオロギング機器を取り付けたコクガンの渡り志津川湾から追跡し、北極海ファデエフスキイ島ノヴォシビルスク諸島)に至ることを確認した[6]

形態[編集]

全長55-66センチメートル[3]。翼開張115-125センチメートル[3]。尾羽はやや短い[4]。頭部から頸部、胸部の羽衣は黒い[3][5]。頸部に白い首輪状の斑紋が入り、斑紋内に黒い斑紋がある[5]。体上面の羽衣は羽毛の外縁(羽縁)が淡色の黒褐色[3][5]。全体的に羽衣が黒いことが和名の由来になっている[1]。体側面には白と淡黒褐色の縞模様が入る[5]。下腹部や尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)は白い[3][5]

嘴や後肢は黒い[3][5]

幼鳥は頸部の白色斑がないか不明瞭で、雨覆の羽縁が白い[5]

  • B. b. bernicla ネズミガン

腹部が暗色[4]

  • B. b. hrota シロハラネズミガン

腹部が白い[4]

  • B. b. nigricans クロネズミガン

体側面の淡色部が不明瞭[4]

  • B. b. orientalis コクガン

色味が濃く、体側面の淡色部が明瞭[4]

分類[編集]

  • Branta bernicla bernicla (Linnaeus, 1758) ネズミガン Dark-bellied brent goose
  • Branta bernicla hrota シロハラネズミガン Light-bellied brent goose
  • Branta bernicla nigricans クロネズミガン Black brent goose
  • Branta bernicla orientalis コクガン Pacific brent goose

生態[編集]

繁殖地ではツンドラ、越冬地では内湾や海岸、河口干潟、沿岸部の湖沼などに生息する[1][2][a 2]。非繁殖期は群れで生活する[a 2]

食性は植物食傾向の強い雑食性で、海草アマモなど)や海藻を食べる[2][4][5][a 2]。海底の海草や海藻は逆立ちして頭だけ潜水しながら食べる[2]

繁殖形態は卵生。6月に1-7個(平均4個)の卵を産む[4]。抱卵期間は22-25日[4]孵化してから40-50日で飛翔できるようになる[4]

人間との関係[編集]

生息地の軍事利用、乱獲などにより生息数が減少している[4]。日本では1971年に国の天然記念物に指定されている[2][a 2]

  • B. b. orientalis コクガン

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[a 2]

Status jenv VU.svg

画像[編集]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 安部直哉『山溪名前図鑑 野鳥の名前』(山と溪谷社2008年)154頁
  2. ^ a b c d e 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修『日本の天然記念物』(講談社1995年)669頁、671頁
  3. ^ a b c d e f g h i j 桐原政志『日本の鳥550 水辺の鳥』(文一総合出版2000年)99頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 黒田長久、森岡弘之監修『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』(財団法人東京動物園協会1980年)32頁
  5. ^ a b c d e f g h i 真木広造、大西敏一『日本の野鳥590』(平凡社、2000年)82頁
  6. ^ 「志津川湾で越冬するコクガンにGPS 渡り経路の追跡に成功」河北新報 ONLINE NEWS(2020年12月19日配信)2021年4月29日閲覧
  • 山溪ハンディ図鑑『日本の野鳥』山と溪谷社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]