マックスキャンドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マックスキャンドゥ[1]
欧字表記 Max Can Do[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 (1995-05-20) 1995年5月20日[1]
死没 2011年10月11日(16歳没)
登録日 1997年3月6日
抹消日 1998年10月21日
キンググローリアス[1]
マックスドリーマー[1]
母の父 ノーザリー
生国 日本の旗 日本北海道門別町[1]
生産 天羽牧場[1]
馬主 田所英子[1]
調教師 伊藤雄二栗東[1]
競走成績
生涯成績 9戦4勝[1]
獲得賞金 1億3470万円[1]
 
勝ち鞍
GII 報知杯4歳牝馬特別 1998年
GII サンスポ賞4歳牝馬特別 1998年
テンプレートを表示

マックスキャンドゥ日本競走馬。おもな勝鞍は1998年報知杯4歳牝馬特別サンスポ賞4歳牝馬特別

戦歴[編集]

1997年函館でデビュー。2戦で2着3着と好走するが馬体の成長を待つとの陣営の意向(1998年2月調教コメント)で半年の放牧休養に入る。

翌年1月に帰厩するが京都(1998年1回・2回開催)では芝の未勝利戦が全く組まれていなかったため[2]ダート戦での復帰となる。初のダート戦であったが未勝利戦さらに飛梅賞と連勝し、桜花賞トライアル・4歳牝馬特別に出走。牝馬クラシック有力馬のロンドンブリッジを直線で差しきり重賞初勝利を手にした。

本命不在で混戦となった桜花賞では道中で折り合いを欠く内容から5着に終わった[3]が、オークストライアルの4歳牝馬特別では1番人気に応え重賞2勝目を記録している。

秋初戦クイーンステークスでは春の実績から上位人気に支持されたが勝ち馬から3秒以上離される13着と大敗を喫する。当初は秋華賞に向かう予定であったがこの敗戦を受け白紙撤回となり、関係者協議の結果「早熟馬で今後の活躍は難しい」との結論から[4]急遽現役引退となった。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[5]およびJBISサーチ[6]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1997 7. 20 函館 新馬 5 5 5 7.6 (3人) 3着 四位洋文 53 芝1200m(良) 1:12.0 (37.5) 0.6 ストームティグレス
7. 26 函館 新馬 7 4 4 1.4 (1人) 2着 四位洋文 53 芝1000m(良) 0:58.4 (35.4) 0.0 キーニシキ
1998 1. 24 京都 未勝利 16 7 13 2.6 (2人) 1着 四位洋文 53 ダ1400m(良) 1:25.9 (37.9) -1.0 (コシノキャサリン)
2. 21 京都 飛梅賞 500 14 5 9 2.2 (1人) 1着 四位洋文 53 ダ1800m(良) 1:51.4 (36.4) -0.4 (メガラ)
3. 15 阪神 報知杯4歳牝馬特別 GII 16 2 4 10.6 (3人) 1着 四位洋文 54 芝1400m(良) 1:22.4 (36.6) -0.2 (メイショウアヤメ)
4. 12 阪神 桜花賞 GI 18 7 14 13.3 (5人) 5着 蛯名正義 55 芝1600m(良) 1:34.3 (36.5) 0.3 ファレノプシス
5. 2 東京 サンスポ賞4歳牝馬特別 GII 16 8 15 2.4 (1人) 1着 蛯名正義 54 芝2000m(良) 2:00.3 (34.7) -0.2 (スイートマティルダ)
5. 31 東京 オークス GI 18 8 18 7.1 (3人) 9着 蛯名正義 55 芝2400m(良) 2:29.4 (35.9) 1.3 エリモエクセル
10. 4 中山 クイーンS GIII 14 3 4 9.9 (3人) 13着 四位洋文 54 芝1800m(良) 1:51.9 (38.5) 3.3 エアデジャヴー

繁殖成績[編集]

白老ファームにて繁殖牝馬として繋養され、ピルサドスキースピニングワールド等と交配されたが不受胎や死産などが続き、5年目にしてようやく産駒が誕生している。産駒は5頭デビューしたが、活躍馬はあらわれなかった。

生年 馬名 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 2004年 マックスウィルドゥ 鹿毛 フサイチコンコルド 栗東・西浦勝一
名古屋・斉藤弘光
田所英子 中央3戦0勝
地方22戦3勝(引退)
2番仔 2007年 コルドバ 黒鹿毛 シンボリクリスエス 栗東・笹田和秀
金沢・田嶋弘幸
→栗東・梅内忍
→金沢・田嶋弘幸<
田所英子 中央13戦1勝
地方21戦6勝(引退・繁殖)
3番仔 2008年 ガルネリ 栗毛 ゼンノロブロイ 栗東・笹田和秀
→金沢・田嶋弘幸
門別・高橋司
田所英子
→桑原博
中央5戦0勝
地方24戦1勝(引退・繁殖)
4番仔 2009年 バハドゥール 鹿毛 ファルブラヴ 栗東・笹田和秀 田所英子 中央18戦3勝(引退)
5番仔 2011年 マックスユーキャン 栗毛 ゴールドアリュール 美浦・鈴木伸尋 (有)キャロットファーム 中央22戦2勝(引退)

血統表[編集]

マックスキャンドゥ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系

*キンググローリアス
King Glorious
1986 黒鹿毛
父の父
Naevus
1980 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Mudville *ボールドラッド (USA)
Batteer Up
父の母
Glorious Natalie
1980 黒鹿毛
Reflected Glory Jester
Lysistrata
Blue Eyed Blonde The Pie King
Blue-Eyed Barbie

マックスドリーマー
1981 栗毛
*ノーザリー
Northerly
1972 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Politely Amerigo
Morn Again
母の母
アーチエンゼル
1965 栗毛
*ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
テツノホマレ 大鵬
コロナ
母系(F-No.) クレイグダーロッチ系(FN:11-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Native Dancer 5×5、Tom Fool 5・5(父内)、Nearco 5・5(母内) [§ 3]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [7]
  3. ^ [7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n マックスキャンドゥ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ 小倉競馬場改修工事のため、小倉開催がなく東京との2場開催となり、芝保護のためダート主体の番組となっていた。
  3. ^ “今回は 平成10年4月12日”. ラジオNIKKEI. (2007年4月3日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-147169.html 2015年8月31日閲覧。 
  4. ^ 週刊競馬ブック1998年10月19日
  5. ^ マックスキャンドゥの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月21日閲覧。
  6. ^ マックスキャンドゥ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  7. ^ a b c 血統情報: 5代血統表|マックスキャンドゥ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]