マクドナルドのロゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイムズスクエアにあるマクドナルドの店舗の外観に使用された黄金のM型アーチ。

マクドナルドのロゴこと黄金のM型アーチは世界的なファストフードレストランチェーンであるマクドナルドの象徴である。はじめはアーチそのものがレストランのデザインの一部であった。そのデザインは1962年にチェーンのロゴになり、店舗の形を模していた。そして現在の黄金のM型アーチのロゴは1968年に導入され、"McDonald's"の"M"を模している。

歴史[編集]

1952年、兄・モーリスと弟・リチャードのマクドナルド兄弟は、カリフォルニア州サンバーナーディーノにハンバーガーレストランの店舗を新築しようとしていた。彼らはこの建物を優れた機能性と人目を引く外観という2つの目標を達成し得る全く新しいデザインにしたいと考えていた。4人以上の建築家と面接を持ち、最終的には1952年末にフォンタナで開業していた建築家スタンリー・クラーク・メストンを選んだ。黄金のM型アーチは、面接の過程とメストンが選ばれたことに直接関係している。彼らが面接した1人目の建築家は兄弟が希望したアーチに反対した。2人目はアーチの変更を望んだ。3人目の有名なロサンゼルスの建築家、ダグラス・ホノルドは、「マクドナルド兄弟が指示をするのならば、自分たちだけで実行する方が良いだろう」と言った[1]

実用的な知識を持ち合わせていた兄弟は、リチャードが描いた2つの半円型アーチの大まかなスケッチをメストンに提示した。リチャードは、アーチのモチーフは店をより目立たせる、印象に残る形であると考えていた。1つのアーチを建物の正面と平行に設けたデザインを考えた後、2つの半円を店の両端に置く略図を描いた[1]。メストンは、助手であるチャールズ・フィッシュと共に、ネオンで飾られた2つの25フィート(7.9メートル)の黄色い金属の薄板を用いたデザインで応じた。それはデザインの段階で既に「ゴールデンアーチ」と呼ばれていた。彼のデザインには、コック帽をかぶったずんぐりしたキャラクター(Speedeeと名付けられた)と、道端の第3の小さいアーチの看板も含まれていた。Speedee はアーチの頂上を跨ぐように描かれ、アニメーションネオンで飾られていた。

初期のマクドナルドのキャラクターのSpeedee
カリフォルニア州ダウニーにある、3番目にオープンしたマクドナルドの店舗は、営業している中で最も古い。また、この店舗は、黄金のM型アーチのデザインを特徴付けた、2番目の店舗であった。

建築歴史学者アラン・ヘスによると、「メストンとフィッシュはリチャード・マクドナルドのスケッチによって提案された大まかな半円を、先端が細く、洒落ていて、ぴんと張った、進展と活力を示唆する跳ねる放物線へと変えた[1]」。また、ヘスは以下のように補足している。「誰が初めて放物線を提案したのかは不確かだ。リチャード・マクドナルドと、最初のアーチを製作した看板の工事請負人であるジョージ・デクスターは、デクスターがそのアイデアを思いつき、設計案に付け足したことを記憶していた。製図を担当し、デザインの面でもメストンを補助したチャールズ・フィッシュは、そのアイデアを、学校の課題でハンガーに使用した放物線の構造に親しんでいたことに帰した。その形や折板屋根は、当時一般に通用していた多くの先進的解決策のうちのひとつであった[1]」。

メストンのデザインが使われた最初のフランチャイズの支店は、アリゾナ州フェニックスに1953年5月にオープンした。マクドナルド兄弟は、その後のフランチャイズにもメストンのデザインを使用することにし、メストンは各店舗の立地や建築基準に合わせる作業を行った[1]

1962年、イメージ向上のために新たなロゴを作ることになり、フレッド・ターナーが様式的な「V」をスケッチした。これに対して、エンジニアリング・デザイン部門の長であったジム・シンドラーは、「V」を、ある角度から見たマクドナルドの店舗のような「M」に伸ばし、文字の背景にあたる赤い等脚台形の「屋根」を付け加えた[2]

オンタリオ州トロントでは黄金のM型アーチが入口に使われている。マクドナルドカナダの黄金のM型アーチのデザインにはカエデの葉が組み込まれている。

黄金のアーチはロゴとして残り、マクドナルド社を示す言葉と考えられている。これは、「母なるマクドナルドの乳房」と例えられるアーチが「フロイトの理論を消費者の潜在意識に適用したもので、マクドナルドのマーケティングにおける大きな資産である」というルイス・チェスキンの主張によるものであった[3]カナダでは、全てのマクドナルドの店舗とコマーシャルは黄金のアーチの真ん中にカエデの葉がある。

マクドナルドは、コカ・コーラナイキのように世界的に有名になったアメリカの企業の1つであることから、「黄金のアーチ」という言葉は「黄金のM型アーチ理論」というようなフレーズで比喩に用いられたり、、資本主義やグローバル化の象徴として使われることもある。

例外[編集]

アリゾナ州セドナのマクドナルドアーチは、アーチの黄色がレッドロックの景観にそぐわないという地元当局の判断によりターコイズブルーで作られた[4]

カリフォルニア州モントレーのデルモンテ通り610番にある店舗のアーチは黒である[5]

パリシャンゼリゼ通りにある店舗では白いマクドナルドアーチのネオン看板がある。また、 ベルギーブルッヘの店舗にも白いアーチが使われている[6]

参照[編集]