マイロン・ボアドゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイロン・ボアドゥ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Myron Boadu
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
 ガーナ
生年月日 (2001-01-14) 2001年1月14日(18歳)
出身地 アムステルダム
身長 180cm
選手情報
在籍チーム オランダの旗 AZ
ポジション FW
背番号 21
利き足 両足
ユース
オランダの旗 ブイテンフェルデルト
オランダの旗 AZ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- オランダの旗 ヨングAZ 9 (6)
2017- オランダの旗 AZ 1 (0)
代表歴2
2015–2016 オランダの旗 オランダ U-15 6 (0)
2016 オランダの旗 オランダ U-16 2 (0)
2016- オランダの旗 オランダ U-17 9 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年8月7日現在。
2. 2018年8月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マイロン・ボアドゥMyron Boadu2001年1月14日 - )は、オランダアムステルダム出身のガーナオランダサッカー選手。ポジションはFWAZアルクマール所属。

経歴[編集]

マイロン・ボアドゥはアムステルダムのSCブイテンフェルデルトから12歳でAZユースに加入した。当時からAZユース最大のタレントの1人と見なされていたボアドゥは3年後、15歳でユース最高年代の19歳以下のチームに昇格し、1シーズンで15得点を記録した。翌年2016-2017シーズンには16歳でトゥヴェーデ・ディヴィジのヨングAZでケルヴィン・ステングスらと共にプレーし、15歳と233日でリーグ最年少ゴールを記録し、リーグ優勝に貢献した。ボアドゥは2016年にアーセナルFCとの交渉のためにロンドンに赴くなど[1]、16歳になる前から国外からも多くの関心を集めていたが、2017年7月8日、AZと3年契約に結んだ[2]。さらに、翌2017-18シーズンにはトップチーム入りを果たしたが、U-17オランダ代表で欧州選手権に参加中に左膝の半月板に重傷を負ってシーズンほぼ全てをリハビリに費やし、2018年5月6日のリーグ戦最終節のPECズヴォレ戦で67分に途中出場でトップチームデビューを果たした。

2018年8月12日、2018-19シーズンのエールディヴィジ開幕節のNACブレダ戦で先発出場すると、初ゴールを挙げ、17歳と210日でアダム・マヘルの記録(18歳と40日)を破るAZのエールディヴィジ最年少得点者に。9月16日のフェイエノールト戦でエリック・ボテギンからスライディングを受けて倒れる際に右足首を負傷し、9月21日に手術を行ってシーズン前半は欠場となった[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]