顕微鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイクロスコープから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

顕微鏡(けんびきょう、英語: microscope)とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を投影し、肉眼で見える大きさのを得る装置である。単に顕微鏡というと、光学顕微鏡を指すことが多い。

光学顕微鏡は眼鏡屋のヤンセン父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを顕微鏡法(microscopy)検鏡法という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものをプレパラートという。

歴史[編集]

最初の顕微鏡は1590年オランダミデルブルフ眼鏡製造者サハリアス・ヤンセンと父のハンス・ヤンセンが作った[1]。他に、同じ眼鏡製造者であるハンス・リッペルハイ望遠鏡最初に作ったといわれる)が顕微鏡も最初に作ったとする説もある。ただし、彼らがこれを使って何か意味のある観察をしたという記録はない。

ガリレオ・ガリレイは、この顕微鏡を改良し昆虫複眼を描いている。"microscope" という名称は、ガリレオの友人だったジョバンニ・ファベール1625年命名したという[2]。ガリレオ自身は顕微鏡を "occhiolino"(小さな)と呼んでいた。

最初に細胞の構造の詳細まで顕微鏡で観察しようとしたのは ジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナで、1644年L'ochio della mosca(ハエの眼)を著している[3]

1660年代以前、イタリア、オランダ、イギリスでは顕微鏡は単なる珍しい器具でしかなかった。イタリアの マルチェロ・マルピーギ は顕微鏡を使い、を手始めとして生物学的構造の分析を開始した。1665年ロバート・フックが発刊した Micrographia顕微鏡図譜)は、その印象的なイラストレーションで大きな衝撃を与えた。顕微鏡による生物研究に多大な進歩をもたらしたアントニ・ファン・レーウェンフックは、微生物1674年)や精子1677年)を発見した[4]。彼は生涯を顕微鏡の改良に費やし、最終的には約300倍の倍率の顕微鏡を作っている。ただし、これは単レンズのものであり、顕微鏡そのものの改良につながってはいない。

日本には、オランダから1750年頃に伝わったと考えられている。1765年に後藤梨春が著した「紅毛談(おらんだばなし)」に「虫目がね」として顕微鏡が紹介されている。1781(天明元)年には、小林規右衛門が日本最初の顕微鏡を作っている。この顕微鏡は、島津創業記念資料館が所蔵している。「雪の殿様」の異名を持つ土井利位は、顕微鏡により結晶を観察し、様々な模様を残している。宇田川榕庵は、シーボルトから贈られた顕微鏡を持っており、様々な研究に役立てている[5]

日本で工業的に作られた最初の顕微鏡は、田中杢次郎が1907(明治40)年に作り上げた田中式600倍顕微鏡とされる。この顕微鏡は、当時の皇太子(後の大正天皇)へ献上された。また、1910年には、 加藤嘉吉と神藤新吉により、エムカテラが開発された。当時、日本が顕微鏡を数多く輸入していたのは、ツァイスやライツなどを擁するドイツであったが、第一次世界大戦の影響により、ドイツからの輸入が途絶えたため、国産品が日本の市場を独占するようになる。しかし、当時の日本製顕微鏡は、まだ性能で外国製に及ばなかった。これに触発された山下長は、世界に通用する顕微鏡の開発を目指し、高千穂製作所(後のオリンパス)を創立した[6][7][8]

種類[編集]

4種類の顕微鏡(東ドイツの切手)

顕微鏡と科学[編集]

生物学[編集]

科学の諸分野の中で、生物学は恐らくもっともその影響を受け恩恵を被っている。ほとんどの生物学の教科書細胞の発見から始まることを見ても、それは明らかである。また高等学校においては、通常は顕微鏡は生物教室におかれる。

ギャラリー[編集]

顕微鏡の構造[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Microscopes: Time Line
  2. ^ Stephen Jay Gould(2000). The Lying Stones of Marrakech, ch.2 "The Sharp-Eyed Lynx, Outfoxed by ature". London: Jonathon Cape. ISBN 0224050443
  3. ^ Bad Medicine: Doctors doing harm since Hippocrates. David Wootton. Oxford University Press, 2006.
  4. ^ see Wootton, David (2006) p. 119.
  5. ^ 顕微鏡の歴史 日本の顕微鏡の誕生と発展”. 日本顕微鏡工業会. 2021年8月1日閲覧。
  6. ^ 沿革”. 田中科学機器製作株式会社. 2021年8月1日閲覧。
  7. ^ 創業の精神:沿革”. オリンパス株式会社. 2021年8月1日閲覧。
  8. ^ 顕微鏡の歴史 国産顕微鏡の夜明け”. 日本顕微鏡工業会. 2021年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]