ジョバンニ・ファベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Firma di Giovanni Faver

ジョバンニ・ファベール(Giovanni Faber 、ドイツ語名 Johann Faber、1574年1629年9月29日)は現ドイツ、バイエルンのバンベルク生まれの医師、博物学者で、1598年からローマで働いた。バチカン薬草園(後のローマ大学植物園)でも働き、ガリレオ・ガリレイが会員として参加したアッカデーミア・デイ・リンチェイの会員でもあり、ガリレオの改良した顕微鏡(ガリレオは"occhiolino"(小さな目)と呼んでいた)を、望遠鏡の"telescope"に対して、"microscope"と名付けた人物として知られる。

略歴[編集]

バイエルンのバンベルクで生まれた。1歳の時両親をペストの流行で失い孤児となったが、いとこのもとで、カソリックの信者として教育を受けた[1][2]. 。ヴュルツブルク大学で医学を学び、1957年に卒業した。さらに医学を学ぶためにローマに移り、サント・スピリト病院(Ospedale di Santo Spirito)で医師として働いた[3][4]。解剖学の発展を知り、後に自らも動物の解剖学的研究をするようになった。1600年にローマ・アカデミーの植物学と解剖学の教授に任じられ、同じ年、教皇の植物園(Giardini botanici papali、後のローマ・ラ・サピエンツァ大学植物園)の園長に任じられた。教皇パウルス5世の命令でヴァチカンの庭園の植物をふやすためにナポリを訪れ、ナポリでは、薬種商、フェッランテ・インペラート(Ferrante Imperato)の「驚異の部屋」を訪れ、『自然魔術』の著者、ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタや植物学者、ファビオ・コロンナのもとを訪れた[4] 。自らのローマの邸宅に、絵画や植物を集め、有名なコレクターとなった。収集した動物や植物や鉱物の標本の中には、トラやライオンなどの100を超える骨格標本が含まれていた。これらのコレクションは画家のフィリッポ・ナポレターノ(Filippo Napoletano)の題材にもなった。

1608年にローマの市民権を得て、ドイツ出身の女性と結婚した。薬種商でローマで有名な庭園の持ち主コルヴィーノと親しくなったことから、富裕な名門の子息でアッカデーミア・デイ・リンチェの創立者のフェデリコ・チェージらに紹介され、チェージらとラツィオで植物採集の旅を行った。1911年にアッカデーミア・デイ・リンチェイの会員に加わった。アッカデーミア・デイ・リンチェイの会員となった、ガリレオからチェージに贈られた自作の顕微鏡に"microscope"と名付けたのはファーベルとされる。

参考文献[編集]

  1. ^ (it) Gabriella Belloni Speciale, « FABER, Giovanni », Dizionario Biografico degli Italiani - Volume 43, sur treccani.it, Enciclopedia Italiana di scienze,‎ .
  2. ^ (it) comitato nazionale per il IV centenario della fondazione dell’accademia dei lincei, « Faber Schmidt », sur lincei-celebrazioni.it,‎
  3. ^ Ouvrage rédigé par plus de 300 Collaborateurs, société de gens de lettres et de savants, « Biographie universelle, ancienne et moderne », H. ODE,‎ 1843-1847
  4. ^ a b (it) Compilata in Francia da una Società di dotti e per la prima volta recata in italiano, « Biografia unversale Antica e moderna - Volume 7 », H. ODE,‎