ポール・ケーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ケーシー
Paul Casey Golf pictogram.svg
Paul Casey 2008 US Open cropped.jpg
基本情報
生年月日 1977年7月21日(38歳)
出身地 イングランド・チェルトナム
身長 178cm
体重 80kg
利き手
プロ転向 2000年
成績
優勝回数 欧州13・米国1・アジア2
初優勝 2001年グレンイーグルズ・
スコティッシュPGA選手権
世界ランク最高位 3位(2009年)
賞金ランク最高位 2位(欧州・2006年)
テンプレートを表示

ポール・ケーシー(Paul Casey、1977年7月21日 - )は、イングランドチェルトナム出身の男子プロゴルファー。イングランドのプロゴルフ界を代表する選手の1人として活動している。チーム戦でも豊富な経験を持ち、2004年ワールドカップルーク・ドナルドとコンビを組んだ優勝もある。2009年4月にアメリカPGAツアーの「シェル・ヒューストン・オープン」で初優勝を挙げた。世界ランキング自己最高位は3位。

ケーシーはアリゾナ州立大学の学生ゴルフ選手を経て、2000年にプロ入りした。2001年8月の「グレンイーグルズ・スコティッシュPGA選手権」でヨーロッパツアー初優勝。同年11月、ケーシーは日本太平洋クラブ御殿場コースで開かれたEMCワールドカップイングランド代表選手として参加し、イアン・ポールターとのコンビで単独5位に入った。ワールドカップでは2002年3位・2003年2位を経て、2004年ルーク・ドナルドとのコンビで優勝を決めた。開催コースはスペインセビリアにある「リアル・クラブ・ド・ゴルフ」(Real Club de Golf de Seville)(ホセ・マリア・オラサバルの設計コース)であった。ケーシーとドナルドは4日間通算 257 ストロークで回り、2位のスペイン・チーム(セルヒオ・ガルシアミゲル・アンヘル・ヒメネス組)に1打差をつけて優勝した。[1]

2006年、ケーシーはヨーロッパツアーで年間3勝を挙げ、賞金ランキングでパドレイグ・ハリントンアイルランド)に続く2位に入った。彼はキャリアの早い時期から、ヨーロッパツアーとアメリカPGAツアーを掛け持ち参戦してきたが、2007年度のPGAツアー賞金ランキングで125位以内を確保し、2008年からアメリカツアーにフル参戦を開始した。2009年1月の「アブダビ・ゴルフ選手権」でヨーロッパツアー9勝目を獲得。2月末に行われた世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」で決勝戦に勝ち進み、ジェフ・オギルビーオーストラリア)に敗れて準優勝者になる。マスターズ前週の「シェル・ヒューストン・オープン」で、ケーシーは 11 アンダーパーで並んだJ・B・ホームズアメリカ)とのプレーオフを制し、アメリカツアー初優勝を達成した。これにより、彼の世界ランキングは6位に上がり、初めての世界トップ10入りを決めた。2009年5月の欧州ツアー・BMW PGA選手権優勝により、彼は世界ランキング3位に到達した。

ケーシーのこれまでのメジャー大会成績は、2004年マスターズ6位・2008年全英オープン7位などがある。彼はアメリカ選抜チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦・ライダーカップにも、2004年2006年2008年の3回連続でヨーロッパ代表選手に選ばれた。

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー(1勝)[編集]

No. Date 大会名 優勝スコア 2位との差 2位
1 2009年4月5日 シェル・ヒューストン・オープン −11 (66-70-69-72=277) Playoff アメリカ合衆国の旗 J.B.ホームズ

欧州PGAツアー(13勝)[編集]

No. Date 大会名 優勝スコア 2位との差 2位(タイ)
1 26 Aug 2001 グレンイーグルス・スコッティシュPGA選手権 −14 (69-69-67-69=274) 1打差 ドイツの旗 Alex Čejka
2 9 Feb 2003 ANZ選手権 45点 (8-10-21-6=45) 4点差 オーストラリアの旗 スチュアート・アップルビー, オーストラリアの旗 Nick O'Hern
3 11 May 2003 ベンソン&ヘッジス・インターナショナル・オープン −11 (71-69-66-71=277) 4打差 アイルランドの旗 パドレイグ・ハリントン
4 20 Mar 2005 TCLクラシック1 −22 (64-68-68-66=266) Playoff アイルランドの旗 ポール・マッギンリー
5 27 Nov 2005 ボルボ中国オープン1 −13 (71-69-70-65=275) Playoff イングランドの旗 オリバー・ウィルソン
6 25 Jun 2006 ジョニー・ウォーカー選手権(2) −16 (67-71-66-72=276) 1打差 イングランドの旗 Andrew Marshall, デンマークの旗 Søren Hansen
7 17 Sep 2006 HSBC世界マッチプレー選手権 10 & 8 アメリカ合衆国の旗 ショーン・ミチール
8 21 Jan 2007 アブダビ・ゴルフ選手権 −17 (71-68-67-65=271) 1打差 スウェーデンの旗 ピーター・ハンソン, スペインの旗 ミゲル・アンヘル・ヒメネス
9 18 Jan 2009 アブダビ・ゴルフ選手権 (2) −21 (69-65-63-70=267) 1打差 ドイツの旗 マルティン・カイマー, 南アフリカ共和国の旗 ルイ・ウーストハイゼン
10 24 May 2009 BMW PGA選手権 −17 (69-67-67-68=271) 1打差 イングランドの旗 ロス・フィッシャー
11 30 Jan 2011 ボルボ・ゴルフ・チャンピオンズ −20 (67-67-66-68=268) 1打差 スウェーデンの旗 ピーター・ハンソン, スペインの旗 ミゲル・アンヘル・ヒメネス
12 30 Jun 2013 アイリッシュ・オープン −14 (68-72-67-67=274) 3打差 オランダの旗 ヨースト・ルイテン, イングランドの旗 ロバート・ロック
13 2014年9月14日 KLMオープン −14 (68-70-62-66=266) 1打差 イングランドの旗 サイモン・ダイソン

1アジアンツアー共催

外部リンク[編集]