ポントス・カスピ海草原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Pontic Caspian climate.png

ポントス・カスピ海草原英語: Pontic–Caspian steppeロシア語: Понтийско-Каспийская степь)は、中央ユーラシア西北部から東ヨーロッパ南部までのステップ地帯。黒海北岸からカスピ海北岸にかけて広がり、東ではカザフステップへと続く。ユーラシア・ステップの一部を成す。

歴史[編集]

ウマが最初に家畜化された地域と考えられている[1]

クルガン仮説では、ポントス・カスピ海草原がインド・ヨーロッパ語族の起源地と考えられている。

古くから騎馬民族が栄えた。キンメリア人スキタイテュルク系民族モンゴル系民族などが勃興した。

穀倉地帯[編集]

現在では肥沃なチェルノーゼム型の土壌から世界有数の穀倉地帯となっている。

脚注[編集]