ユーラシア・ステップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーラシアステップ帯

ユーラシア・ステップ(Eurasian Steppe)とはユーラシアのおける広大なステップエコリージョンのことである。モルドヴァからウクライナをへてシベリアモンゴル満州へ広がり、ハンガリープスタ飛び地状に分布する[1]。ユーラシアステップはヨーロッパ中央アジア中国南アジア中東を経済的、政治的、文化的に、貿易ルートによってつないできた。有名なものに草原の道古典古代から中世におけるシルクロード、現代のEurasian Land Bridgeがある。ながらく騎馬遊牧民国家の繁栄の場であり、歴史的に多くの部族連合や古代国家が興隆した。匈奴スキタイキンメリアサルマタイフン族ホラズムソグド人鮮卑突厥汗国モンゴル帝国などが有名である。

カザフスタンのステップ

民族と言語[編集]

ユーラシア・ステップは馬の家畜化が始まって以来、騎馬民族の活動の場であった。クルガン仮説によれば6500年ほど前に騎馬民族であるインド・ヨーロッパ語族が南ロシア平原から拡散した。紀元前1000年以降になると、テュルク系民族が繁栄、11世紀ごろからはモンゴル系民族が席巻した。現代では純粋な騎馬遊牧民は非常に少なくなっている。

地域区分[編集]

脚注[編集]