ハンガリー大平原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンガリー大平原

ハンガリー大平原ハンガリー語: Alföld, Nagy Alföld [ˈɒlføld][1][2]とはハンガリーの東部及び南部、東スロバキア低地ウクライナ南西部、トランスカルパティア低地ルーマニア西部、セルビア北部、クロアチア東部を占める平原であり、カルパチア盆地の中で一番大きい面積を有する平原である。

名称[編集]

境界[編集]

ハンガリー大平原は北側と東側はカルパティア山脈によって、南東側はトランスダニューブ山脈及びクロアチアの山脈によって、南側はサヴァ川によって隔てられている。

地理[編集]

ハンガリー[編集]

ハンガリー大平原のハンガリー国内に於ける領域
19世紀のハンガリー大平原の農場
ハンガリー大平原と羊

ハンガリー国内に於けるハンガリー大平原の広さは52,000 km²であり、これはハンガリーの国土全体の56%を占めている。大平原全体の面積は100,000 km²であり、そのうちの半分以上がハンガリー国内となっている。大平原の最高峰はホポルチョー山の183mで、最低地点はティサ川となっている。

この平原に感銘を受けたないし関係のあるハンガリーの著者にはモーラ・フェレンツモーリッツ・ジグモンドがおり、詩人ではペテーフィ・シャーンドルユハース・ジュラがいる。また、この地域で生まれ育った科学者には物理学者のベイ・ゾルターンや化学者で音の出ないマッチを開発したイリニ・ヤーノシュ、薬理学者のカバイ・ヤーノシュ、物理学者のカータイ・ガーボルコラーニ・フリジェシュなどがいる。

この地域における有名な都市はベレクフュルデーチェルケセーレージュラハイドゥーソボスローセンテシュソルノクなどが挙げられる。

この地域を特徴づける祭事はチャーンゴー祭がヤースベレニーで開かれている他、さくらんぼ祭がナジケレで、グヤーシュ祭がソルノクで、橋のバザールがホルトバージ国立公園で、オープスタスゼルでフニアーリスと呼ばれる祭が、屋外での競技がセゲドで、城での競技がジュラで、フラワーフェスティバルがデブレツェンで、ハーラスレーの大会がバヤで開かれている。

セルビア[編集]

セルビアではハンガリー大平原の領域はバチュカバナトスレムの三つに分けられ、その大部分はヴォイヴォディナ自治州に属している。

スロバキア[編集]

スロバキアに於けるハンガリー大平原の領域は東スロバキア低地として知られている。

ウクライナ[編集]

ウクライナに於けるハンガリー大平原の領域はトランスカルパティア低地として知られている。

ルーマニア[編集]

ルーマニアではハンガリー大平原の領域はバナトクリサナに跨っており、西平原と呼ばれる。

内部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Gábor Gercsák (2002年). “Hungarian geographical names in English language publications”. Studia Cartologica. エトヴェシュ・ロラーンド大学. 2011年4月30日閲覧。
  2. ^ Gábor Gercsák (2005年). “Magyar tájnevek angol fordítása” (Hungarian). Fasciculi Linguistici / Series Lexicographica. エトヴェシュ・ロラーンド大学. 2011年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度00分 東経20度30分 / 北緯47.000度 東経20.500度 / 47.000; 20.500