ポンディシェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポンディシェリの交通図

ポンディシェリ(タミル語:பாண்டிச்சேரி, 仏語:Pondichéry, 英語:Pondicherry)は、インド東海岸タミル・ナードゥ州隣接地域に位置するポンディシェリ連邦直轄地域の首府。元フランスの植民地。17世紀から18世紀にかけてフランス領インドの首府であり、その後も非軍事的な植民地として英領インドのなかでフランス領として存続した。連邦直轄州の境界線はかつての国境線そのものであるが、フランスが半世紀以上かけて村落単位で植民地を広げていったため、いくつもの飛地が入り組んだ状態になっている。

現在でもタミル語英語とともにフランス語が話されており、またフランス極東学院研究センターなどフランスの研究機関が設置されている。 なお、域内にはインドにおける古代ローマ人の居留地で、ローマ金貨などが出土するポドゥケー遺跡(アリカメドゥ英語版)がある。

地名[編集]

  • ポンディシェリ(日本語慣用表記)
  • பாண்டிச்சேரி(タミル語)
  • पॉण्डिचेरी(ヒンディー語)
  • Pondicherry(英語)
  • Pondichéry(フランス語)

現在はタミル語のパーンディッチェーリが正式名称とされる。パーンディッチェーリとは、もともとタミル語で「新しい町」という意味である。略してパーンディபாண்டி)と呼ばれることが多く、バスの行き先表示もしばしばパーンディとなっており、バススタンドでは「パーンディ!パーンディ!」という車掌の呼びかけが聞かれる。

もとはプドゥッチェーリபுதுச்சோரி)という名であり、これがフランス語に音写されてプーディシェリ(Poudichéry)となった。現在、フランス語ではポンディシェリ(Pondichéry)と呼ばれるが、これは「Poudichéry」の「u」が「n」に誤写された名称である。インドではフランス語話者の多いこの州以外の地域ではほとんど通じない呼称である。

英語ではポンディチェリー(Pondicherry)と呼ばれ、日本の地図などではこの表記が多い。

現在、都市名を元来のタミル語の名称であるプドゥッチェーリに変更することが、州議会において審議されている。

略史[編集]

外部リンク[編集]