ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞( - しょう、Bollinger Everyman Wodehouse Prize )は、コミカルな小説を対象としたイギリス文学賞。ジーブス・シリーズを世に送り出したP・G・ウッドハウスのスピリットを記念して、2000年に創設された。過去の受賞作にポール・トーディの『イエメンで鮭釣りを』や、マリーナ・レヴィツカの『おっぱいとトラクター』、DBCピエールの『ヴァーノン・ゴッド・リトル―死をめぐる21世紀の喜劇』などがある。2011年には、初めてアメリカの作家ゲイリー・シュタインガート英語版が受賞した[1]フランスシャンパーニュ地方のスパークリング・ワイン製造会社ボランジェがスポンサーを務めている。

候補作は毎年春に発表され、受賞作は5月のヘイ・フェスティバルの時期に発表される。受賞者にはボランジェのヴィンテージ・シャンパン1ケースと、ウッドハウスの全集52巻が賞品として贈られる。また、グロスターシャー・オールド・スポット種ブタ1頭に受賞作のタイトルが名前として付けられる。賞金はない。[2][3]

各年の受賞・候補作[編集]

2000年代前半[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年

2000年代後半[編集]

2005年
2006年
2007年
2008年
2009年

2010年代前半[編集]

2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

2010年代後半[編集]

2015年
2016年

出典[編集]

  1. ^ Alison Flood (2011年5月24日). “Wodehouse prize awarded to US author Gary Shteyngart”. ガーディアン. 2013年5月15日閲覧。
  2. ^ P.G. Wodehouse - Everyman's Library”. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ 訳者(小竹由美子)あとがき 『イエメンで鮭釣りを』 白水社

外部リンク[編集]