ゼイディー・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゼイディー・スミス
Zadie Smith
Zadie Smith NBCC 2011 Shankbone.jpg
誕生 1975年10月27日
イギリスの旗 イギリスロンドン
職業 小説家エッセイスト
代表作 『ホワイト・ティース』、『直筆商の哀しみ』、『On Beauty』ほか
主な受賞歴 オレンジ賞(2006)
オーストリア国家賞(2018)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ゼイディー・スミスZadie Smith, 1975年10月27日 - )はイギリス作家

経歴[編集]

ロンドン北西部生まれ。ジャマイカ人の母とイギリス人の父を持つ。14歳の時に、セイディー(Sadie)からゼイディー(Zadie)へ改名。

ケンブリッジ大学の在学中に執筆を始めた小説が、出版社の間で版権争奪戦を起こし話題となる。その後発表された長篇第1作『ホワイト・ティース』は、イギリスとアメリカでベストセラーとなり、数々の文学賞を受賞。

長篇第2作『直筆商の哀しみ』の執筆後、2002年に渡米してハーヴァード大学で学ぶ。『直筆商の哀しみ』は、2003年にジューイッシュ・クォータリー・ウィンゲイト賞を受賞、ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞にノミネートされた。長篇第3作On Beautyは、2006年のオレンジ賞を受賞。2016年ヴェルト文学賞、2018年ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞受賞。

現在は、夫である作家のニック・レアードと共にロンドン北部のキルバーンに住む。

主な著作[編集]

長篇[編集]

短篇[編集]

エッセイ、レヴュー、インタヴュー[編集]

映像化作品[編集]

・On Beauty FilmFourが映画化権を取得、アリソン・オーウェンとスコット・ルーディンが製作、テッサ・ロスが製作総指揮とのこと。

外部リンク[編集]