アンドレイ・クルコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Андрій Юрійович Курков, 2007年 r.

アンドレイ・クルコフ(Андрій Юрійович Курков、ロシア語:Андрей Курков 1961年4月23日 - )は、ウクライナ小説家ロシア語で執筆活動を行っている。

ソビエト連邦レニングラード(現:サンクトペテルブルク)生まれ。3歳のときにウクライナキエフに移住。キエフ外国語大学卒業。

著作[編集]

邦訳されている作品[編集]

  • 『ペンギンの憂鬱』(新潮社新潮クレスト・ブックス〉, 2004年):原題 Смерть постороннего, 1996
  • 『大統領の最後の恋』(新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉, 2006年):原題 Последняя любовь президента, 2004

翻訳されていない作品[編集]

  • 『Не приведи меня в Кенгаракс』, 1991
  • 『11 необыкновенностей』, 1991
  • 『Бикфордов мир』, 1993
  • 『Пикник на льду』, 1997
  • 『Добрый ангел смерти』, 1997
  • 『Милый друг, товарищ покойника』, 2001
  • 『Приключения чепухоносиков』, 2007
  • 『Ночной молочник』, 2007