ポール・トーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・トーディ
Paul Torday
誕生 1946年8月1日
イギリスの旗 ダラムクロックデール
死没 2013年12月18日(満67歳没)
職業 小説家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 2006年 - 2013年
ジャンル 風刺
代表作 イエメンで鮭釣りを
主な受賞歴 ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞
デビュー作 『イエメンで鮭釣りを』
配偶者 ジェーン・モーティマー (1971 - 1989)
ペネロペ・テイラー (1991 - 2013)
子供 実子2人、連れ子2人
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ポール・トーディ(Paul Torday、1946年8月1日 - 2013年12月18日[1])は、イギリス小説家。代表作は2006年に上梓した処女作『イエメンで鮭釣りを』。

経歴[編集]

1946年ダラムクロックデールハンガリー人の父ラズロ・トーディとアイルランド人の母アイリーンの間に3人兄弟の長男として生まれる[1]。父はハンガリーからの移民で、1930年代に両親ら一家でイギリス北西部に移り住んだ。物理学者だった父と、科学者だった祖父が政府の補助金を得て電気めっきの事業を始め、後に船のエンジン修理会社へと発展していった[1]ニューカッスルインデペンデント・スクールロイヤル・グラマー・スクールで学ぶ。学校生活は決して楽しいものではなかったが、オックスフォード大学ペンブルック・カレッジの奨学金を勝ち取ることができ[1]、英語英文学を学ぶ[2]。大学卒業後、祖父はマンチェスターでビジネス・コースへ行くことを望んだが、ロンドンで市場調査の仕事をし、リーズの会社に就職した[1]1973年、母がケニアで交通事故に遭い死亡、ノーサンバーランドへ帰郷し、家業である船のエンジン修理会社"Torday & Carlisle" に就職した[2][1]。以後約30年、ビジネスマンとして勤めてきたが、会社が敵対的買収され、非常勤会長の職に退いたのを機に、小説の執筆に取りかかり、作家へと転身、59歳にして初めての小説『イエメンで鮭釣りを』を上梓。翌2007年ボランジェ・エブリマン・ウッドハウス賞を受賞[3]2008年にはウェイヴァートン・グッド・リード・アワード英語版を受賞したほか、ギャラクシー・ブリティッシュ・ブック賞の最優秀新人作家にノミネートされた。

16歳の時に、デイリー・メールがスポンサーを務める詩のコンテストで優勝したことがあり、その後も詩を多く作ってきたが出版には至らなかった[1]。私生活では2度の結婚をし、最初の妻との間に2人の息子がいる。チップチェイス城で暮らした。

同作は2011年に『砂漠でサーモン・フィッシング』のタイトルでユアン・マクレガー主演で映画化された。トーディ自身は体調が思わしくなく、プレミア上映に出席できなかった[1]

作品リスト[編集]

  • イエメンで鮭釣りを Salmon Fishing in the Yemenイギリスの旗 2006年 / 日本の旗 2009年4月 小竹由美子白水社〈エクス・リブリス〉)
  • ウィルバーフォース氏のヴィンテージ・ワイン The Irresistible Inheritance of Wilberforceイギリスの旗 2008年 / 日本の旗 2010年8月 小竹由美子訳 白水社〈エクス・リブリス〉)
  • The Girl on the Landing (2009)
  • The Hopeless Life Of Charlie Summers (2010)
  • More Than You Can Say (2011)
  • The Legacy of Hartlepool Hall (2012)
  • Light Shining in the Forest (2013)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Paul Torday obituary”. ガーディアン (2013年12月19日). 2015年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 『イエメンで鮭釣りを』 白水社 カバー折り返し著者略歴
  3. ^ A real pig's cheer”. ガーディアン (2007年5月3日). 2015年12月3日閲覧。