ホノリウス2世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホノリウス2世
第19代 ローマ対立教皇
教皇就任 1061年10月28日
教皇離任 1064年
先代 ベネディクトゥス10世
次代 クレメンス3世
個人情報
本名 ピエトロ・カダルス(ペトロ・カダルスとも)
死去 1071年

ホノリウス2世(? - 1071年)は、ローマ教皇であるアレクサンデル2世対立教皇である(在位:1061年10月28日 - 1064年)。

生涯[編集]

教皇のニコラウス2世イタリアの領有権をめぐって神聖ローマ帝国と対立し、1061年7月に死去した。次の教皇であるアレクサンデル2世は9月に即位したが、神聖ローマ皇帝であるハインリヒ4世の生母で摂政アグネスはこれに反対し、10月28日にバーゼルで擁立されたのが、このホノリウス2世であった。

しかしロレーヌ公ゴドフロワ3世の反対と妨害を受けてローマに入ることはできず、ハインリヒ4世の摂政もアグネスからケルン大司教であるアンノになるとホノリウス2世は見捨てられてしまう。結局、1064年にマントヴァで行なわれた司教会議退位を余儀なくされた。

しかし1071年に死去するまで、自らが正当な教皇であると必死に訴えたという。

参考文献[編集]