アルベルトゥス (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルベルトゥス
第22代 ローマ対立教皇
教皇就任 1101年
教皇離任 1101年
先代 テオドリクス
次代 シルウェステル4世
個人情報

アルベルトゥス(生没年不詳)は、ローマ教皇であるパスカリス2世対立教皇である(在位:1101年)。

生涯[編集]

先々代の対立教皇であるクレメンス3世に従い、シルヴァ・カンディーダ司教枢機卿に任命された。先代の対立教皇であるテオドリクスがパスカリス2世によって逮捕投獄されると、その跡を受けて擁立された。

しかしローマ市民は相次ぐ対立教皇の出現を嫌って暴動を起こした。このためアルベルトゥスは逃亡するも捕らえられ、公衆の面前で辱めを受けさせられた後、全ての官職を剥奪されて裁判にかけられ、有罪であるとされてナポリ近郊の修道院に終身監禁刑に処された。

参考文献[編集]