シルウェステル4世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルウェステル4世
第23代 ローマ対立教皇
教皇就任 1105年
教皇離任 1111年
先代 アルベルトゥス
次代 グレゴリウス8世
個人情報
本名 マギヌルフス(マジヌルフォとも)
テンプレートを表示

シルウェステル4世(? - ?)は、ローマ教皇であるパスカリス2世対立教皇である(在位:1105年 - 1111年)。

生涯[編集]

教皇のパスカリス2世は神聖ローマ帝国の継承問題に介入し、ハインリヒ5世を支援してハインリヒ4世を廃した。これにより一時的に教皇・皇帝は和睦したが、やはりこの2人も叙任権闘争で争い出した。1105年にハインリヒ5世はパスカリス2世の廃位を宣言し、新たに擁立したのがシルウェステル4世である。

しかしシルウェステル4世は聖職者貴族、市民らの支持を得ることができず、すぐにローマを追放された。1111年にハインリヒ5世とパスカリス2世が和睦すると、全ての官職と地位を剥奪された。

参考文献[編集]