ヨハネス8世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネス8世
第12代 ローマ対立教皇
教皇就任 844年
教皇離任 844年
先代 フィリップス
次代 アナスタシウス3世ビブリオテカリウス
個人情報

ヨハネス8世Ioannes VIII (antipapa)、生没年不詳)は、ローマ教皇であるセルギウス2世対立教皇である(在位:844年)。

生涯[編集]

844年1月25日教皇グレゴリウス4世が死去すると、次の教皇としてローマ市民から期待された。しかし選挙では貴族による不正が行なわれてセルギウス2世が選出された。

ヨハネス8世派は貴族による弾圧を受けて壊滅し、ヨハネスも殺されかけた。しかしセルギウス2世の助命により許されたという。

参考文献[編集]