ベニイ・グッドマン物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベニイ・グッドマン物語
The Benny Goodman Story
監督 ヴァレンタイン・デイヴィース
脚本 ヴァレンタイン・デイヴィース
製作 アーロン・ローゼンバーグ (Aaron Rosenberg)
出演者 スティーヴ・アレン
ドナ・リード
バーサ・ガーステン (Bertha Gersten)
ハーバート・アンダーソン (Herbert Anderson)
ロバート・F・サイモン (Robert F. Simon)
ディック・ウィンスロー (Dick Winslow)
音楽 Joseph Gershenson
ヘンリー・マンシーニ
ソル・エイジド (Sol Yaged)
Alan Harding
Harold Brown
撮影 ウィリアム・ダニエルズ (William Daniels)
編集 ラッセル・シェーンガース (Russell Schoengarth)
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年2月2日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,700,000[1]
テンプレートを表示

ベニイ・グッドマン物語』(ベニイ・グッドマンものがたり、英語: The Benny Goodman Story)は、スティーヴ・アレン (Steve Allen) とドナ・リードが主演し、ヴァレンタイン・デイヴィース (Valentine Davies) 監督作品として1956年ユニバーサル・スタジオからリリースされた伝記映画。この映画は、クラリネット奏者ベニー・グッドマンの人生と成功を描いたものであり、映画の中で用いられているクラリネットのソロは、ほとんどがグッドマン自身が録音したものである。

この映画では、グッドマンの人生におけるいくつもの重要なエピソードが取り上げられているが、その細部は必ずしも正確とはいえない形で描かれている[2]。グッドマンのユダヤ系としての背景は、明示的には言及されないが、実際には、ユダヤ系の出自はグッドマンの芸術面にも、私生活にも、何十年にもわたって影響し続けた。作中には、グッドマンが最終的には結婚することになるアリス・ハモンド(ドナ・リードが演じている)との恋愛を断念させようと、グッドマンの母親が彼に「ベーグルキャビアは合わないのよ (Bagels and caviar don't mix)」と諭す場面がある。

あらすじ[編集]

ベニー・グッドマン少年は、シカゴの音楽教師にクラリネットを習う。グッドマンは、バンドリーダーエドワード・“キッド”・オリーに、どんな音楽でもよいから一番好きな音楽を演奏しろ、喰うだけのためには演奏するな、と助言される。ベニーはベン・ポラック (Ben Pollack) の巡業楽団の一員となって音楽生活を始める。

ニューヨークで、バンドの受けはよくなかった。ベニーは、ジャズ愛好家のジョン・ハモンドと、その妹アリスに出会う。ベニーは壮麗なハモンド家の屋敷に招かれ、モーツァルトクラリネット協奏曲を演奏することになる。アリスはベニーが恥をかくのではないかと心配するが、ベニーは非の打ち所のない演奏を披露し、彼女の心遣いに感謝する。

ベニーは、土曜の夜の人気ラジオ番組で演奏するようになり、フレッチャー・ヘンダーソンがベニーのために編曲を提供することを申し出る。西海岸では、東部時関より早い時間帯に放送されていた番組が若者たちの間に大きな反響を巻き起こしていた。ベニーは、ドラムにジーン・クルーパ、ピアノにテディ・ウィルソン、ヴィブラフォンにライオネル・ハンプトンを据えてカルテットを編成する。

上流社会の娘であるアリスとの恋愛は、ベニーの母親の反対にあうが、ベニーがカーネギー・ホールで演奏会を開くに至ったときにはすべてが上手く収まり、グッドマン夫人は未来の嫁を、隣の席に招くのであった。

その他の出演者[編集]

この映画には、ライオネル・ハンプトンマーサ・ティルトン (Martha Tilton)、キッド・オリージョージ・ギヴォット (George Givot)、ジーン・クルーパテディ・ウィルソンなどをはじめとして、多数のミュージシャンたちが登場する。しかし、画面ではトランペット・ソロをとっているように見えるジギー・エルマン (Ziggy Elman) は、サウンドトラックの録音には参加できず、その部分を実際に演奏しているのは、画面には登場しないマニー・クレイン (Manny Klein) である。

(撮影時に既に故人となっていた)フレッチャー・ヘンダーソンの役は、サミー・デイヴィスJr.の父であるサミー・デイヴィス・シニア (Sammy Davis, Sr.) が演じた。

脚注[編集]

  1. ^ 'The Top Box-Office Hits of 1956', Variety Weekly, January 2, 1957
  2. ^ The Benny Goodman Story - インターネット・ムービー・データベース(英語) - Plot Summary

外部リンク[編集]