プログレス (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プログレス
Progress
テイク・ザットスタジオ・アルバム
リリース 2010年11月15日イギリスの旗 イギリス
2010年11月24日日本の旗 日本
録音 2009年9月 - 2010年8月
ジャンル ポップエレクトロポップポップ・ロック
時間 47分16秒
レーベル ポリドール
プロデュース スチュアート・プライス
チャート最高順位
  • 1位(イギリス、デンマーク、ヨーロッパ、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、スコットランド、)
  • 2位(オーストリア、スイス)
  • 3位(イタリア)
  • 4位(オランダ)
  • 7位(スウェーデン)
ゴールド等認定
テイク・ザット 年表
ザ・グレイテスト・デイ
(2009年)
プログレス
(2010年)
プログレスド
(2011年)
プログレス 収録の シングル
  1. ザ・フラッド
    リリース:2010年11月7日
  2. キッズ
    リリース:2011年2月20日
  3. ハッピー・ナウ
    リリース:2011年3月18日
テンプレートを表示

プログレス』(Progress)は、テイク・ザットの6枚目のアルバムである。1995年に脱退したロビー・ウィリアムズが復帰した最初のアルバムである。エレクトロニック・ミュージックの影響とシンセサイザーが多用されたアルバムは多くの批評家から高い評価を得た。

イギリスでは発売週のアルバムチャートの1位になり、今世紀で最も早く売れたアルバム、かつイギリス史上2番目に早く売れたアルバムになった。また100万枚を24日間で売り上げ、年間アルバム売り上げのトップに立った。更にヨーロッパの12カ国でアルバムチャート1位を飾り、200万枚以上をヨーロッパ内のみで売り上げた。

2011年6月には8曲の未リリース曲と『プログレス』を含むEP『プログレスド』が発売された。

解説[編集]

2010年7月15日にロビー・ウィリアムズが正式にテイク・ザットに復帰することが発表される。その中ではテイク・ザットとロビーによる共同声名で「ロビーが帰ってくるという噂は本当だ。そして喜ばしいことに、私たちは年末発売予定のニューアルバムを収録中だ」とも述べられていた。

アルバムのジャケットはバラク・オバマのポートレートを撮ったことで有名なイスラエルのカメラマンナダフ・カンダーによるもので、猿から人間への進化を彷彿とさせるものになっている。

本来の発売日は2010年11月22日だったが、アルバムの予約が殺到したことと11月7日に発売されたリードシングル「ザ・フラッド」のエアプレイが非常に好調であったため11月15日に前倒しされた。

収録曲目[編集]

全作詞・作曲: ゲイリー・バーロウハワード・ドナルドジェイソン・オレンジマーク・オーエンロビー・ウィリアムズ

# タイトル リード・ボーカル 時間
1. ザ・フラッド(The Flood)」   ロビー・ウィリアムズ、ゲイリー・バーロウ 4:49
2. 「SOS」   マーク・オーエン、ロビー・ウィリアムズ 3:44
3. 「ウェイト(Wait)」   ロビー・ウィリアムズ、ゲイリー・バーロウ、ハワード・ドナルド 4:15
4. キッズ(Kidz)」   マーク・オーエン、ゲイリー・バーロウ 4:42
5. 「プリティ・シングス(Pretty Things)」   ロビー・ウィリアムズ、ゲイリー・バーロウ 4:03
6. ハッピー・ナウ(Happy Now)」   ゲイリー・バーロウ、ロビー・ウィリアムズ 4:03
7. 「アンダーグラウンド・マシーン(Underground Machine)」   ロビー・ウィリアムズ 4:15
8. 「ホワット・ドゥ・ユー・ウォント・フロム・ミー?
(What Do You Want from Me?)」  
マーク・オーエン 4:37
9. 「アファメーション(Affirmation)」   ハワード・ドナルド 3:54
10. 「エイト・レターズ(Eight Letters)」   ゲイリー・バーロウ 4:41
11. 「フラワーベッド(Flowerbed)」 (隠しトラック) ジェイソン・オレンジ 3:48

スタッフ[編集]

[2]

  • Ghian Wright – アシスタント・エンジニア
  • Andrew Kitchen – アシスタント・エンジニア
  • Mike Houge – アシスタント・エンジニア
  • Ben Mark – ギター
  • Karl Brazil – ドラム
  • ウィル・マローネ編曲, 指揮者
  • The London Studio Orchestra – ストリングス
  • Everton Nelson – リーダー
  • Perry Montague-Mason – オーケストラ・コントラクター, ストリングス・スーパーバイザー
  • Richard Lancaster – ストリングス・エンジニア
  • Tim Young – マスタリング

脚注[編集]

  1. ^ Progress by Take That – Download Progress on iTunes”. Itunes.apple.com (2010年11月15日). 2010年12月27日閲覧。
  2. ^ (2010年) Take That『Progress』のアルバム・ノーツ [liner notes]. Polydor.