プラット・アンド・ホイットニー JT8D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A JT8D-9A

JT8Dは、プラット・アンド・ホイットニーボーイング727にあわせて1964年に投入した低バイパス比(0.96 to 1)の ターボファンジェットエンジンである。

A-4 スカイホーク/A-6 イントルーダー/EA-6B プラウラーに搭載されていたプラット・アンド・ホイットニー J52英語版ターボジェットエンジンの改良版である。

構造[編集]

2軸式軸流前方ターボファンである。2軸があり、外側の軸は単段の高圧タービンからの駆動で7段の高圧圧縮機を回転させ、内側の軸は後方の3段の低圧タービンから前方の6段の低圧圧縮機を回転させる。前方最初の2段はファンのバイパス流である。

純粋なターボジェットと比較してターボファンはバイパス流と混合されるため、騒音は静粛になっている。それでも低バイパス比のため依然騒音は大きい。これは、意図してバイパス比を低くしたのではなく、ターボファンエンジンの草創期における技術的限界によるものである。その後に登場したJT8D-209は、JT8D-9のコア・エンジンの主要部分である高圧圧縮機・燃焼室・高圧タービンを流用して、前方のファンを、新たに設計された大型のファンとしたことで、バイパス比を大きくして、騒音を低減させるとともに、推力の増加と燃料消費率の改善を図ったリファン・エンジンである。

JT8Dは8種類あり、推力12,250-17,400 ポンドまであり、ボーイング727、737、DC-9に搭載された。全部で350の運用社で15億時間運転され、草創期のターボファンエンジンでは比類なき製造数を誇る。

バリエーションと搭載機[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]