プラット・アンド・ホイットニー・カナダJT15D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ JT15Dは、プラット・アンド・ホイットニー・カナダが製造している小型のターボファンエンジンである。

概要[編集]

1971年に2,200 lbf (9,800 N)の推力で導入され、一連の改良により、最新版で3,000 lbf (13 kN)以上の推力を達成した。JT15Dは多様な小型ジェット機、特にビジネスジェットの主要な動力装置である。1970年代以来、6,000台を超えるJT15Dが出荷され、3000万時間の稼動実績がある。

JT15Dシリーズが主要な高圧圧縮機として遠心式圧縮機を使用していることは、現代のターボファンの中ではかなり珍しいことである。遠心式圧縮機は初期のジェットエンジンでは一般的な特徴であったが、前面サイズが大きくなるため、急速に軸流式圧縮機に置き換えられた。ターボファンエンジンにおいて、ほとんどのジェット推力はエンジンを通りすぎる冷たい空気によって発生し、内部の「ジェット」の部分は極めて小さい。この役割として、高圧の一段遠心式圧縮機は利点がある。多くの小型ターボファンエンジンが遠心式圧縮機を利用しない理由は、以前のターボジェットエンジンの設計による開発であることにある。

JT15Dでは、ファンは空気の70%をバイパスダクトに送り込み、全体の推力の多くの部分を発生する。JT15D-4以降のモデルでは、ファンと同じ速度で回転する小さな「ブースター」軸のステージがファンのすぐ後にあり、残りの30%の空気の流れをエンジンのコアに導いている。この空気は遠心式圧縮のステージでさらに圧縮され、反流環状燃焼室で燃焼する。熱いガスは遠心圧縮機のステージを駆動する「高圧」タービンに流れ込み、その次にファンとブースターを駆動する2つのタービンに流れ込む。

最初のモデルのJT15D-1は、ファンジェット500としても知られるセスナ・サイテーション Iの動力装置として導入された。1972年に出荷を開始し、最終的に-1は1,417台が出荷された。JT15D-4は推力を2,500 lbf (11,000 N)まで改善し、次の年に導入された。-4はセスナ・サイテーション IIの主要なエンジンであり、三菱重工業 DIAMOND 1Aアエロスパシアル コルベットアエルマッキ S-211でも使用された。最終的に-4のシリーズは2,195台が出荷された。

次の主力モデルは1983年に認定されたJT15D-5である。最初のモデルは2,900 lbf (13,000 N)を達成し、ビーチジェット 400セスナ T-47Aで使用された。いくつかのマイナーなモデルが導入され、-5Aがセスナ・サイテーション Vに、-5BがT-1A ジェイホークに、-5CがDASA Ranger 2000とS-211Aで使用された。

より大きなアップグレードは1993年に認定されたJT15D-5Dである。推力を再び改善し、3,045 lbf (13,540 N)を達成した。-5Dはセスナ UC-35Aとセスナ・サイテーション ウルトラで使用された。最近、オリジナルの-5がVisionAire Vantage向けに選定されたようであるが、この航空機は生産に入ることはなかった。これは-5Cまたは-5Dになる見込みである。

仕様 (JT15D-5D)[編集]

一般的特性

  • 形式: ターボファン
  • 全長: 60.5 インチ
  • 直径: 27 インチ
  • 乾燥重量: 500ポンドと推定 (ヴァイパー・ファンジェットの公式ではない仕様に基づく)

構成要素

  • 圧縮機: 低圧は軸流式, 高圧は遠心式

性能



形式 離陸時
推力 (kN)
定格
推力 (kN)
全長 (mm) ファン直径(mm) 直径 (mm) 乾燥重量 (kg) バイパス比
JT15D-1 9,8  9,3 1506 691 223,5 3,3:1
JT15D-4 11,12  10,56 1600 686 253 2,6:1
JT15D-4C 11,12   10,56 1600 686 261 2,6:1
JT15D-5 12,92  1600 287 2:1
JT15D-5A 12,92  1600 287 2:1
JT15D-5B 12,92  1600 292 2:1
JT15D-5C 14,21  1600 302 2:1
JT15D-5D 13,56  1531 520 292,6 3,3:1
JT15D-5F 12,92  1600 288 2:1

出典[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]